2020年1月27日 (月)

”ジェンダー平等”日本はどうなっている?

男女平等とか、ジェンダーとか、フェミニズムとか、こういう言葉を口にすると、大抵「強烈な考え方」のようなネガティヴなイメージがあるようです。でも、世の中の男女はほぼ同数ですから、それぞれの声が社会に反映することが望ましいと思います。

やはりどうしても、政治の場にもっと女性の声が必要だと思います〜…

ということで、先日勉強会に伺った時のメモを以下に書き記します。

……………………………………………………………………

ジェンダー平等はどこまで進んだのか

〜できたこと、できなかったこと〜

DVサポートちば主催 @船橋市勤労市民センター

講師:船橋邦子さん(NPO法人女性と子どものスペースニコ代表)

 

北京女性会議から25年、

ジェンダー平等について日本だけが提出しなくて、ギリギリまでごねた。

若い世代とのジェンダーギャップについて

「ネット上に出てこないものは、あったことにならない(歴史として)」

などと評価された。

 

アイスランド🇮🇸の転換点は1975年の女性によるストライキ。家事労働や仕事すべて一切を放棄。

「未来への花束」(映画)

1908年 ウィメンズリスト=女性政党

1924年 平塚らいてうが結社設立

 

セックスワークは是が非か?

 

アイスランドでは

2007年 高校生にフェミニスト教育始まる、

2009年 買春禁止法

2018年 従業員25名以上の雇用主にジェンダー平等計画策定義務

 

北京会議以降、世界はジェンダー平等に取り組み続けてきたが、日本は全く取り組んでこなかった…だからジェンダー統計は下がる一方。

世界は「フェミニストはカッコいい」という感覚。

 

韓国は104位、

講師自身、韓国にて女性学を教える活動をしてきた。1983年あたりから女性の電話が始まっていた。性暴力をきっかけに運動が始まった。

 

パクウォンス ソウル市長(2011年から)

2012年。非正規労働者を正規労働者にした。

米軍基地は次々と撤退している。そのお金の7割を女性政策に使った。軍隊=男性の象徴だから、浮いたお金を女性政策に使うのは当然だ、という考え方。

 

2004年、選挙関連法の改正。

県議会議員レベル以上の選挙には50%女性にしなければならない。

また、政治資金に関する法律改正。政党助成金の10%を女性政治の発展に使用することを定めた。

 

一方で性暴力被害者が加害者を殺害する事件が相次いだことを受けて、性暴力特別法が成立(1993年)→家庭暴力犯罪の処罰

 

世帯単位は差別の再生産

日本人女性は怒らない国民性?

 

新自由主義に乗っかったフェミニズム運動はダメだ。

3割の声は必要だがそれだけでは不足。

 

中曽根政権、

米クリントン、英ブレア、世界はまだ市民福祉に向いていた。

 

韓国では家族法を改正し、「戸籍」→「個籍」に(戸主制廃止) 272人の国会議員にロビー活動したため、戸主制廃止272と言われる。

 

しかしなぜパク・ウォンスン市長がここまで出来たのか。それは市民のキャンドル革命、市民の後押しによる。

ムンジェインが最初にやったことは最低賃金の導入。

 

フェミニズムとは、一人ひとり誰もが自由に解き放たれるのが基本。

 

民主的な政権にしか、普遍的人権を守る政策はできない。プラス税制。何をどうしていくかを示さないと。

熱帯雨林保護運動(サラワク)の30年をふりかえる

私がまだ20代の若かった頃に関わっていた「サラワクキャンペーン委員会(SCC)」。

そのふりかえりの会があると聞いて参加しました。

市議会には関係ないけど…と思いながらの参加でしたが、なんのなんの!!!

公共施設の建て替えが迫っているなら、めっちゃ関係があったんだ!と気付かされました。

それに私、改めてすごい運動に関わっていたんだな〜、と思いました。

 

以下はメモです。

……………………………………………………

 

失われた30年 サラワク

http://www.jatan.org/archives/5030

森のある惑星

https://morinoaruwakusei.net/

 

代表:トム・エスキルセンのお話 2020.1.24

なぜ関わるようになったか。元々ガンジーの思想や仏教に興味があったが、途上国を訪れると、余りにも現実とかけ離れた生活を強いられている人々、しかし尊厳を持って生きている現状を見た。

 

一方で、農薬問題から入った、松井やよりさん(元朝日新聞編集委員)、黒田洋一さん(環境活動家)がサラワクの現状を知り大きなショックを受けた。

 

1980年代後半?マレーシアのサラワク州にブルドーザーが入り、大木が次々伐られ、日本に送られて、コンクリートパネルやカラーボックスに。

 

最初はフィリピン、次にマレーシアのサバ州、次にサラワク州に移ってきた。インドネシアでも。

現在でも、合板輸出量の3〜5割が日本に送られている。

 

やがてパームやし(アブラヤシ)の生産に移り始めていった(ブルーノマンサー基金に説明がある)

 

アカシアなどモノカルチャー植林が進んでいる。

 

サラワクの森林破壊

グローバルウィットネス「野放し産業」より

 

前後するが、

1980年に入ると大規模な道路封鎖が行われるように。1987年3月には25箇所で一斉に封鎖。

しかし法律が作られて、

1月、JATANが地球の友、JVC、日本消費者連盟などに呼びかけた

松井やよりさんが朝日新聞に記事を書き

 

1990年、サラワクキャンペーン委員会ができた。

 

以下活動のほんの一部↓

 

伊藤忠商事が問題の根源(の一つ)だと突き止めた

 

黒田洋一さんの書籍が世界的に高く評価される。ゴールドマン環境賞を受賞

 

昼夜無い運動、凄まじかった。終電は当たり前、下手をすると事務所に泊まり込み…

 

国際熱帯木材機関(ITTO)前で先住民族と共に抗議行動やキャンペーン活動

 

文部省が三菱商事自画自賛マンガ本(全国高校に配布していた)をリコール

 

ゼネコンと「コンパネ連絡会」を設立、定期的に会議

 

1992年12月、丸紅前でハンスト

 

自治体キャンペーンも勢いづいた「熱帯材を公共施設に使わないで!」全国各地で。全国キャラバン。

 

オーストラリアのエコロジスト、アンニャ・ライトも参加

 

熱帯林保護全国市民会議(1990〜1997、8回)

 

代替材・モデル工法の見学

 

熱帯雨林とサラワク先住民族(書籍)

やがてコンパネ問題から内装材問題へ。

 

そんな過酷な活動の中、スタッフは疲れも出始め、1人2人脱落

 

全国で100以上の自治体が熱帯材削減を実現した

 

1995年3月、代表松江和子さんの右腕だった市井晴也さん新潟県へ移住、松江さんも故郷に帰り、代表は浦本三穂子さんに。

 

家具の問題を扱い始める

 

1997年COP3(京都議定書)、会場ではウータン:森と生活を考える会のキャンペーンに参加

 

現地では徐々に先住民族に対する弾圧が酷くなり、逮捕や不公平な裁判が続いた。基金を設立。

1990年には、土地を奪いに来た暴力団と衝突し、暴力団の4人が死亡する事件、正当防衛が争われた。

 

2000年には入り、アブラヤシの巨大広大なプランテーション問題にシフト。勉強会から

 

現地から先住民族が来て、アブラヤシプランテーションの深刻さを訴える集会

 

2004年 オーラルヒストリー調査(生活の痕跡、文化などを調査してまとめる)→森の言葉

森の中で、遠くの人と交信する技法

逆にプナン語にも翻訳して現地に配布

 

スタッフは病気や新しい問題に取り組まざるを得なくなったりして、活動が手薄に。

細々と、現地を見学したり、イベントを開催したりしている。

 

パタゴニア助成金他を取得、少しずつ機運が高まっている!ホームページもリニューアルした!

 

いまだにサラワク材輸入第一国は日本である。

パーム油発電が盛り上がる可能性、熱帯雨林破壊の危機再び。

 

MTCCの検証が必要だ

マレーシア木材認証制度

 

ムル国立公園前でも2019年にバリケード、今なお続く。終わっていない。

 

…………………

【意見交換】

 

ホームセンターに行けば、まだまだサラワク材が見つかる。

 

Q:何が行動を減速させたか?

A:市民への広がりが足りなかったかも。自治体は職員の異動があり、継続されない。

 

平成30年林業白書によると、国産材の使用は少しずつ増加している。また、丸太よりも製品として輸入している。

 

代替材(型枠)について、東京都、鹿島建設、プラス 熱帯材を使わない強度がある合板を作った

 

型枠大工は職人芸、誇り高い

 

トップダウン、ボトムアップ両方必要だが、やり切れていないのが現状

 

工事の特記仕様書に一行「熱帯材不使用」と入れるだけ

自治体が条例を作れば良いのだが。

 

 

FOEの方:

人をモービュライトする難しさを感じている。

1990年何が今と違っていたのか?

→安保世代の残党がまだ残っていたのかもしれない。今より生活にゆとりがあった。

アンニャ・ライトのツアー活動も大きかった。

 

サプライ問題が見えないところで起きている。気候リスクに関しても非常に高いにも関わらず、SDGsに賛同している大企業であっても知らない。

アクションのたびにマスコミに訴えるとか。

 

資本主義の構造そのものの問題がある。

 

活動手段としてSNSを利用してはどうか?

若い人に対する発信を。

 

まだまだ豊かな森、守るべき森がある。

信じられない、ビックリする森がある。

親類の貴重な財産、文化。哲学と生き方。若い人に伝わっていないことは、森林が無くなること以上に大変なことかもしれない。

 

2020年1月26日 (日)

日本の教育に取り入れたい「イエナプラン教育」

ドイツで生まれ、オランダで広がった”イエナプラン”という教育法。

一人ひとりを尊重しながら自立と共生を学びます。

https://www.japanjenaplan.org/

その豊かな教育環境と、教師のレベルの高さ、子どもたちの大人度には驚かされます。

以前に学んだ、デンマークの大人向けの学校「フォルケホイスコーレ」と重なりました(その時に紹介された、デンマークの学校の紹介と重なったのかも?)。

https://www.ifas-japan.com/folke/

 

以下はメモです。良かったらお読みください。

…………………………………

 

イエナプラン(教育プログラム)〜オランダの教育〜

2020.1.25@西船橋

講師:漆原幸子さん(心理士)
教育者でもない自分がなぜ教育の話を?
きっかけは息子の不登校、
家族にとっては青天の霹靂、もう明日は無いかのような気持ちに
息子が通っていた幼稚園はモンテッソーリ教育を実践、キリスト教の精神、自由で豊かな毎日だった
そんな中出会ったのがイエナプラン。
息子は見る見る変わり、様々なことを自分で選択し決定していった。そんな、息子が愛してやまないイエナプランを実際に見に行こうと渡欧。

日本ではイエナプランを教えられる教師は十数名しかいない

イエナプランの成り立ち
ドイツ人ペーターセン、
初めは「人間の大学」として大会で発表→秘書たちがイエナ大学発祥の理念だからと「イエナプラン」と。

一言で言えば「生きて学ぶ共同体としての学校」
*リビグルームとしての空間
*考えるから育むへ
*異年齢のグループ(破壊という強い言葉で単年生を批判)
*個人の進度や学習リズムを重視

インクルーシブな社会に向けて(当時この言葉は無かったのでは)

社会における責任ある人として人とともに生きるための練習の場である

時代は第二次世界大戦に向かう頃、大学を追われ、西ドイツに亡命後、ペーターセンは死去

オランダでの広がり
スース・フロイデンタール=オランダ、イエナプランの母と呼ばれる
学校に不満を持っていたスースは、ある時イエナプラン教育を知り、衝撃を受ける「これこそ私が求めていた教育だ」
以降、普及に尽力する

8つのミニマム
1、インクルーシブな考え方を育てる
2、学校の在り方を人間的で民主的なものにする
3、対話および学校に関わる全ての人と対話する準備ができていること
4、教育学的な思考と行為の人間化(生徒、という括りにするのではなく、一人ひとりを人として尊重する)
5、学校に関わる全ての人の真正性さ(ホンモノに触る、感じる、味わう、など。立場は関係なく人間としてのホンモノさ)
6、生と学びの共同体における、協同的で自立的な秩序を通じた自由
7、批判的な思考を育てる
8、創造性を刺激し、創造のための機会を与える

イエナプラン教育の20の原則
人間について5、社会について5、学校について10

リヒテルズ直子さん「明日の学校に向かって」(ドキュメンタリー映画)

1〜3年生が同じ場で学ぶ、上級者は新級者に教える、世話をする、

基本活動→対話、催し、仕事、遊びのサイクル(循環)
教育の中に"遊び"が含まれていることが素晴らしい。
日本の子どもは遊んでいない。

校庭を作り替えている最中の公立学校、子どもたちが相談して実現する。

サークル対話
みんな対等に。

教室には黒板が無く、モニター画面、児童生徒にはパソコン

ブロックアワー(学習時間)には、インストラクション(先生からのレクチャー)を受ける子もいれば、進んでいる子は自分自身の学習に集中することができる。静かに集中したければイヤーマフをする。その子らに声をかけて良い場合かどうかは、色の札の色で知ることができる。
同じように、トイレを利用する場合に、マークを見れば、今トイレが空いているかどうか知ることができるようになっている。

ワールドオリエンテーション
「問いを立てる」こと。答えを見出すことが目的ではない。
出された問いは、マインドマップにまとめられ、整理することができる。思考力の構築に生かされる。
調べ学習の結果や成果の発表をする形態は子どもたちの自由

すぐに教育の結果が出るわけではない。

ネガティヴケーパビリティ(答えの出ないことに耐えること。不確実性に耐えること。)精神科医が翻訳。→相手を理解するための下支えを育む力になる。不寛容は戦争につながる。
今現在に求められている力かもしれない。

催し
年間行事、週の初めや終わりに行われるミニ発表会、誕生日会、クラスで催すパーティーや発表会。

マルチプルインテリジェンス
言語スマート、数学・論理スマート、空間スマート、音楽スマート、運動スマート、人間関係スマート、自然スマート、内省スマート
得意、不得意、

通知表だけではなく、ポートフォリオ(一人ひとりの成熟した記録)
最近はパソコンに取り込まれつつある

出来たことを書く。
生徒を一般化しない。

通知表、ポートフォリオと共に懇談会の招待状が届く。子どもが話したいこと、親が話したいこと、扱いたいテーマなどを記入できる。
懇談会は、中心は親ではなく子ども。
自立性が重視されている、と親は評価し、感謝している。

オランダって
フランス革命後、ナポレオンが学校法を制定。政治的中立な公学校。
それに対するアンチテーゼとしての教育の自由、90年に渡る闘争…
その結果↓
*設立の自由…学校を創ることができる(今は簡単には創れない)
*理念の自由…宗教・非宗教の平等、公平
*方法の自由…教員、計画、教材等の自由裁量権

私立>公立
幼小一貫、中高一貫
4歳から小学校入学可(義務教育は5歳から)
中核目標
「個別教育」が主流…オランダでもかつて画一的教育に批判が高まった
イエナプラン校は全国220校程度→割り合いは少ない
(概ね8年間で目標に達成すれば良い)

⭐︎費用は国費、交通費も含め保障されている

オランダって
マイノリティ共存社会(柱状社会)→昔から多民族国家、他言語社会だったことが影響
ワークシェアリング→正規非正規は全て同一賃金同一労働同一保障。夫婦て収入や労働日数をやりくりできる

*社会における安心安全な居場所がある
*主体的な遊びと学びの保障
*対話と協同により

誰もがありのままに育つ権利が保障されて欲しい

日本でも、
軽井沢の風越学園(学園長がリヒテルズ直子さんと懇意)や長野県の大日向小学校が取り入れたり、名古屋市など公立学校に取り入れられないか検討中とのこと。

 

日本の教育、変えたいです!

わずかに、千代田区の麹町中学校や世田谷区の桜丘中学校が素晴らしい教育環境を創っていて、まさに一縷の望みという感じですが、スタンダードにしたい。子どもたちが生き生きと生きられる環境にしたいです。

2020年1月19日 (日)

ヘイトスピーチをする人の心理

新年が明けました。
今年も宜しくお願いいしたします。
新社会党千葉県本部の新春の集いで、ジャーナリストの安田浩一さんからヘイトスピーチについて講演がありました。以下はそのメモです(写真が不鮮明でごめんなさい)。
なぜ、中国人や朝鮮半島の人たち、あるいは日本に住む韓国人の方に対して、あそこまでの憎悪があるのだろう。
私は中国人にも韓国人にも在日韓国人にも友達がいるけれど、普通に友達で、何とも思ったことはありません。
むしろ、知らない国で育った人との会話は、歴史観も含めて学びが多く、話をするのが楽しみだったけどな〜…


↑船橋市ぎの池沢みちよさんと。

2020年 新社会党千葉県本部・憲法を活かす会千葉県協議会 新春のつどい

参議院議員 小西洋之さんより
原則 停戦合意があること、先方の国の理解・同意を得ること、中立であること
しかし実体は…日本自衛隊はイランの情報を集めてアメリカに渡す任務を遂行することになっており、全く中立ではない。
桜を見る会は安倍首相の買収罪である。
それを安倍総理に真正面からぶつけていく。
ジャーナリスト 安田浩一氏のお話
「これでいいのか、日本の社会⁉︎差別と貧困、ヘイトで考える」
今や講演会で罵声が飛ぶのは当たり前になった。
票にならないことには取り組まない保守系議員。
ヘイトスピーチ解消法が成立したが、罰則規定はなく、実効性に乏しい。
「出て行け」「死ね」は下劣で低俗な言葉ではあるが、実はヘイトではない。しかし、ここに国籍や人種など属性を指して卑下することが加わるとヘイトスピーチになる。人種、国籍、障がい、LGBT…
2013年から新聞に初めてヘイト記事が登場した。それまでは全く存在しなかった。
2015年5月サンケイ
例えば西船橋で↓(写真)
「西船橋から中国人は出て行け!在日を追い出せ!」と、旭日旗やナチスの旗を掲げて練り歩く。
差別を無視し、容認し、関心を示さない日本こそが真の敵だ。
災害のたびに流布しているデマと流言。
「台風で中国人と在日には消えてほしい」「ドサクサに紛れて在日が井戸に毒入れてる」「中国人がコンビニ荒らした」…
Twitterでいくらでも検索できるし、削除されないまま。誰も罪に問われない。
ベストセラー作家 百田尚樹のひどい発言「中国ひどい、韓国とは国交断絶しろ、アイツらと戦争したい、人間のクズ」
90年代、気になり始めたのが外国人労働者
外国人実習生の取材がきっかけでヘイトスピーチに入っていった。
木更津の養豚場で働く中国人の事件。真面目に働いたが給料がめちゃくちゃ安い。
これ↑はある技能実習生の労働契約書(写真)
あり得ない時給…
技能実習生は"労働者"じゃないという勝手な理屈。
休む間もなく安月給。働き先を変えてほしいと訴えた。日本に来るために借金してきたが、この時給だと借金を返すだけで終わってしまう。彼は自殺未遂をおかす。
しかし技能実習生は転職できない仕組み。
雇い主は警戒し、騙して強制送還しようと試みたが失敗。揉み合いになり、彼はとっさに納屋から包丁を持ち出し、刺し殺してしまった。
懲役16年、現在府中刑務所に服役中。→出所したらどうなる?
技能実習生は、例えば…
*不平不満を言ってはいけない、
*携帯電話所持禁止、
*恋愛禁止(同居、結婚、妊娠、一切禁止)…
相手が外国人だから舐めくさっている。
経営者にこの現状の理由を聞くと、皆同じく「外国人だから」と答える。
洋服、野菜、水産、リネン…
ものづくりに関わる労働は殆ど外国人という実態。今彼らがいなくなったら日本は全く成り立たない。なのに外国人差別をしている日本という国。
3年間時給450円で働き続け、明日帰国するという日に逃げ出した中国人。通帳は3年間渡されなかった。帰国の前日に渡された通帳を見たら殆ど溜まっていなかった。名古屋、東京、茨城、栃木…
アンダーグラウンドで働く方がよほど稼げる実態。
農村を歩いていると目立ったため、職質を受けた。パスポートを見せろと言われて彼は逃げ、結局警官に撃たれて即死。
中国人の家族が裁判を起こす。
裁判所の前が騒がしい。聞くと「右翼が来ている」と。しかし街宣車はいない、特攻服いない…
若者、ベビーカーのママ、同い年ほどの男性、全く普通の人にしか見えない人たち。
不逞支那人を射殺せよ、と。
2チャンネルの呼びかけによって方々から集まった人たちだった。中国人の分際で日本を訴えた不届き者を許すな!と。
不法滞在外国人が怖いというイメージがあるようだが、実際には違う。目立つと自分が困るから、大人しく目立たなくしている。
記事にしよう、と持ちかけたが、どの出版社も乗らない。「こんなの一時的なもの。すぐに淘汰される。いつの時代にもバカはいる」
2016年 国連の差別撤廃条約
在特会、今や会員15,000人、案外高齢者が多い。
金持ち、公務員、教師もいる。
2013年中学生が参加していてビックリしたが、今では全く驚かなくなった。
これに対して体を張って闘った政党、労働組合は、ただの一つも無い。
ヘイトスピーチは「言葉の暴力」ではない。ただの「暴力」である。心をズタズタに引き裂かれる痛み。当事者はいつまでも傷を忘れない。
最も戦うべき相手は、
痛みを受ける当事者ではない自分。
傷つかない自分
であり、
先頭に立つべきなのは、その自分である。
あらゆる戦争は全て、差別から始まるからだ。
社会を地域を、人間の命を、良心を守るために。

2019年12月22日 (日)

イベント”プラスチック問題から考えるサーキュラーエコノミー”報告!

”プラスチックの問題から考えるサーキュラーエコノミー”というイベントに参加しました。
とても良かったので、ちょっと長いですが良かったら最後までお読みください♬
武本国弘さん 環境活動家
地球上から、すでに7割のサンゴ礁が消えた。沖縄本島からは9割以上が。
八重山諸島に少し残っている。
気候変動の影響は凄まじい。
5月の八丈島の水温は32度、最近ずっと暖かい。だから海上竜巻も。
しかし政治的危機が最も心配。
日本中の海で"磯焼け"が起きている。
26トンあるテトラポットが防波堤に打ち上げられ、台風の強さが増していることがわかる。
葉山の湘南道路も、いずれ無くなるだろう。
気候変動ではなく「気候危機」である。
このままでは2030年を待たずに地球は「臨界期」を迎えてしまう。
今、どんなに海がひどい状態か、知らせたい。
石炭火力発電、96基、建設中22基
日本は環境破壊大国である。
実質賃金指数、世界で日本だけが下がっている。
で、海洋プラスチック問題。
父島、パラオ、海岸はプラスチックゴミだらけ。海上にもペットボトル、バケツ…
海水にはマイクロプラスチックたくさん。プランクトンに
EUで禁止になっている"可塑剤"が問題。
葉山市の素晴らしいゴミ取り組み
 
最近生協からの講演依頼があり、生活者が世の中を変えるかもしれない…で、プラスチックフリーの店「Papalagi」を始めた。
ベスト、ベター、
バンブーファイバーのカップ
バナナペーパーで作られたボールペン、絵葉書、帽子、藝大の卒業証書
生分解性の洗剤を量り売り
ヌードストア(包装しない野菜)→有機無農薬野菜を出来るだけ3日以内に売る
近くで物を仕入れる=排出量削減する
LUSHは進んでいる
ブーメランバッグ(不要の紙袋を店頭に置き、買ったものを入れて帰って良い。次回来たときにそこに返すこともできる)
給水スポット運動
室内仕上げは全て非化学物質。接着剤は米。
大学生「環境の話をすると"神経質だ"と言われる」
1人で出来ることはたくさんあるが、追いつかない。行動提案
しかし、それにしても時間が無い。あと8年しかないのだ!
知ることが希望!
……………
グリンピース 大館弘昌さん
プラスチック汚染とは
気候変動への影響、プラスチックが増えるほど影響が出る
国際的廃プラスチック取引、日本は世界第2位…その先どうなっているか?
行き場を失う廃プラスチック
中国が輸入禁止→マレーシアベトナム→禁止?→⁇
グローバルビジネスとプラスチック問題
ブレークフリーフロムプラスチック
世界400ヶ国以上で清掃活動とブランド調査
今年は9月、大磯町で。
ビジネスとプラスチック汚染の繋がり→コカコーラ、ネッスル、ペプシコ…
まやかしの解決策
1、リサイクル向上
2、代替品
世界でこれまでに生産されたプラスチックの9%しかリサイクルされていない。
リサイクル「出来る」とリサイクル「される」は違う
熱回収57%、様々ごまかしがあり、8割がリサイクルされているかのように見せかけてきた。→マテリアルリサイクルされるプラごみ66.8%が輸出されている。
しかし…
プラスチックから紙へ移行すれば良いか?→森林破壊に繋がるかもしれない
植物由来・生分解性プラスチック
海に流れると食品汚染に繋がるかもしれない
サーキュラーエコノミー
循環
循環するには長い道のり
増えるプラスチック包装、2050年までには今の4倍になる?
クローズドループ?
解決策は?
1、削減
2、再利用&詰め替え
パッケージの要らない青果売り場
果物や野菜に直接ラベリング(スペイン)
ミストを利用した冷蔵システムにより野菜を裸売り
チリで広がる量り売りネットワーク、リユース出来る容器を何度も使う。街中を電気自動車の移動販売車が走り、スマホとも連動する
間も無く日本で展開する会社も
不要な使い捨て包装を大幅に減らす
使い捨て包装の要らない商品デザインや販売方法を導入
大手企業がこれをビジネスチャンスとして捉えて欲しい。大きな可能性。
「スマートスーパーマーケット」報告書、本日販売
みんなでリユース革命を起こそう!
一団体では変えられない。みんなの力で!
…………………
ビーガン料理を作っている
サスティナブル学という学問を学ぶ
チームメンバー、パートナー、お客様、環境、に優しくなれるか?
経済合理性を最優先しない、パートナーシップの構築
家族に食べさせるものをお客様に提供
フードロスを出さないために店舗では日替わり、お任せメニューのみ、お客様に選ばせない。国産食材(野菜は関東近郊)、割り箸は国産間伐材、ケータリングの備品をプラスチックから紙と木に移行中、個包装のおしぼり→BOXウェットティッシュ併用、マイお弁当箱導入予定(2020年1月)←容器を販売
……………
[トークセッションタイム]
しかし商売は難しい…
日本人の潔癖症は敵だ!
誰が触ったか分からないものを嫌がる人が多い。しかし火力発電所の方がよほど汚いのに!
葉山町では、戸別収集に変えただけで35%ゴミが減った。自治体の力、頑張りは実はすごいものがあるのだ!
*会場から*
①頑張ってもプラスチックゴミが出るのがストレス。アドバイスください。
→もう十分やられているので、苦しくなるまでやるのは違うかなと思う。自分だけの問題ではないのだから、もっとシェアしてみよう。
(グリーンピース)日本では政府や企業への信頼度が高いが、ヨーロッパではNGOの信頼度が高い。だから日本では7,000人のサポーター、ドイツでは60万人…
日本の空港で「グリーンピース」と名乗ると、別室で5時間足止めされる。他の国では見ない現象。
ユニクロ(ファーストリテアリング)らとファストファッションの負荷が大きくなっていた。それを変えていこうというデトックスアクションが2011年から続いている。
いかにスピーディに科学的に効果的に戦略的に進めるか?グリーンピースにはグローバル団体として求められている。
しかし常に見直していくことが大事。
② 衣服のリユースをする市民団体のスタッフ
リユースはどうか?
海外で良く見るのは給水所。
マイ水というアプリも登場している。
独居高齢者の出すプラゴミが問題。
企業にこそ期待したい。企業が変わらないと変えられない。
日本サスティナブルコーヒー、
フェアトレード、サスティナブル、そんな言葉を出すだけで拒絶された経験。
ファイトするだけじゃダメ。
*感想*
今日は、自治体から出来る廃プラスチック&気候変動問題のヒントが無いかと考え、参加した。スピーカーの武本さんが「自治体の力はすごい」と仰ったことが非常に嬉しかったし、開眼させてくれた。
松戸市も"サスティナブルな自治体"に仲間入りしよう!
葉山町にも視察に行きたいと思う。

2019年12月16日 (月)

子どもの声からはじめよう

先日参加した講演会のメモ、毎度長いですが……
お話は、虐待当事者だった中学校の先生です。
文章の感覚を開けたいのですが、何故ができません。
とても読みづらくてすみません汗
………………………………………………………………
子どもの声からはじめよう〜虐待・社会的養護の当事者に学ぶ〜 2019.12.7
基調講演
千葉私立星久喜中学校
千葉県生実学校内分教室
中学校教諭 川瀬 信一氏より
そだちとすだち プロジェクト
一番小さな時の記憶は掃除機
しかし次の記憶はゴミ屋敷になっている家。
後から知ったが、この頃母親は精神疾患だった。やがて虐待が始まった。
友達の誕生会、帰宅が遅くなり、母親が激怒。珍しく料理していたシチューの鍋を頭からかけられる。
翌日学校に行ったら、流石に担任が気づき通報。一時保護。
帰宅したが以前とは変わらず…
家にいたくなくて、度々近所のゲームセンター(個人経営)に、閉店する12時まで居た。
父親が迎えに来て、母親が寝静まってから帰る毎日。父親は母親からDVを受けていた。
友達の家は様々だった。
行くことはあっても呼ぶことはない。
小6の頃、それがおかしい、ヤバい、と気付く。
そんな時、児童相談所から
里親がいい?施設がいい?
と聞かれる。
友達を呼べる方がいいので、里親を選んだ。
実子はなく、大事にしてくれた。
家族の一員として役割を与えてくれた。
が、雨戸を閉めること、花への水やりが出来なかった。
役割を果たせないし、迷惑をかけている自分、段々自信を失った。
「あなたが来てから水道代が2倍になった!」とすごい剣幕。元の家はゴミだらけ、水道の蛇口の構造が
学区外の中学校に通い、友達ゼロからのスタート。流行りのシャープペン、欲しかったのだが里親さんに言えない。
お金を盗む、万引きをする、補導。
里親さんから「もう預かれない」と断られてしまう。
児童心理司と、うまくいかなかった理由を振り返り。
生活習慣がない、訓練されていない。
→児童自立支援施設に。
そこには、問題行動の子どもがたくさんいるが、皆んな、育ちの過程で身につけられなかった子どもたち。
悪い子、と思わないで。
意見聴取から始まるソーシャルワーク。
里親さんとの不調の経験を振り返ることができた。どちらがいいか決めさせてもらったことは良かった。だからこそ振り返ることができた。
野田市の心愛ちゃんの虐待死。
学校アンケートに書かれたSOS、
一体どれくらい大切に考えられていたのだろう?
虐待相談の件数、うなぎのぼり。
虐待数とは一致しない。
児童福祉司、休職率は教員の4倍。過酷な実態。問題点を洗い出して、上手くいかなくなった原因を補強しなければならない。
子どもの声からはじめよう、
子どもは何を望んでいるのか。
アドボカシー、という言葉。カナダ、イギリス、児童の声を聞いて施策に反映
昨年から
「子どもの声からはじめよう」
という勉強会を始めている。
小さな子どもが発する「家に帰りたくない」は、児童相談所では聞き入れられずに虐待死した船戸結愛ちゃん。
アドボケイト(advocate)の役割
子どもの立場になって、アドバイスくれたり、支援と繋げてくれたり、場合によっては闘ってくれる。
子どもアドボカシー=マイクになること。
*セルフアドボカシー
困難に直面している人
*差別への異議申し立て
大人の仕組み
*ライフスタイル
何を望んでいるのか
*子どもは権利行使の主体
この見方が出来ない限り
子どもアドボカシーの原則、6つの原則がある。
一例→知られたくない事情を信頼して話したら、翌日には全員知っていた。その瞬間、全ての大人を信頼できなくなった子ども。
講座を開催しているので宜しければ。
アドボカシージグソー
フォーマルアドボカシー…公的機関のアドボカシー
ピアアドボカシー…自助グループのアドボカシー(同じ立場のアドボカシー)
インフォーマルアドボカシー…
など
子どもの声を聴く、
①目の前の子どもの声を聴く
②子ども・若者の声を施策に反映させる
プロセス
意見聴取→意見形成支援→意見表明支援→施設からの意見・情報→子どもへの情報提供→意見聴取…
アドボカシーシステムの構築に向けて
子どもの権利条約、意見表明は言葉だけとは限らない。泣く、絵で訴える、なども。
国でもこの仕組みを構築しようという動き。
イギリスではすでに制度化。
虐待を機に、
この数年で劇的に変化、
アドボカシーは行政から独立していること。
アドボカシーシステム導入のメリット
一時保護、過程復帰、措置先への適応を促進する
権利侵害事案の早期発見
ケアからの自立、社会適応促進
市民参画、地域教育力の向上(穏やかな社会的養護)
当事者ね参加・参画の推進
虐待家庭に触れちゃいけない?という感覚があるかもしれないが、社会(近所)の見守り、支えが必要。地域のパワーにも。
お互いをチェックするような社会になりつつなっていないか?
監視されたら隠そうとする心理が働く。
繋がっている地域を構築し直す必要があるかもしれない。
…………………….
厚生労働省 子ども家庭局 家庭福祉課 社会的養護専門官 胡内 敦司氏
川瀬先生の話を制度的に。
児童相談所に通報があったら、家庭訪問、親と離すべきかを判断する。
平成29年
全国13万件の相談、
21,268人が一時保護、
施設や里親に4,579人
全体の3.5%が施設に入る。
逆に言えば、96%の子どもがリスクを抱えたまま自宅に戻って生活している。
2016年、児童福祉法改正、連絡先に自治体が加わった。
地域がどうなっていけば良いのか?
犯人探しだけで終わらせてはいけない。心配な家族へ声がけ。或いはその子どもに声がけ。
子どもの権利条約、30年前に国連で採択され、日本は25年前に批准。
その理念が児童福祉法に盛り込まれた。
子どもの貧困対策に関する法律も5年経ち改定された。
旧:子どもは等しくその権利を「保証され」→受け身だった。
子どもが意見を言えない場合、子どもの声を汲み取る。大事なことは子ども自身の声。
自己決定→自立へ。
赤ちゃんが泣く。それも意見表明。泣く理由がある。
児童虐待防止法
3-⑤、権利養護のあり方を2年のうちに考えていきましょう、と
各々の立場で最善の力になることが大事
子ども・子育て支援新制度と社会的養護
様々な機関があり、専門家がいる。それらを制度で分担するのはもったいない。
どこに相談しても繋ぐ、という組織体系を。
…………………
トークセッション
過去を離すことについて。
中学校の時は、施設から通っているのが恥ずかしかったので不登校だった。高校は通う範囲が広がり、生き生きできた。大学では更に。プラス、様々な立場の人や生き方があることを授業で知り、自分のことを相対的に知ることができた。
電車の中で、母親が子どもを叱りつけている場面、周りはどうすればいいか?
案外実践は難しい。
けれど、トライしていけたら変わっていく。

選挙で野党議員を増やさなければ、結局社会を変えることはできない。

以下は、集会のメモです。やや堅い内容ですが、あまりにも不健全な今の政治を変えるには、どうしても選挙で野党議員を一人でも増やさなければなりません。でも、選んでもらうためには魅力的な政策が必要。

政治は未来を創りますから、子どもの将来、結婚後、老後の生活…誰の生活にも関わって来るんですよね。

私たちは大人として、子どもたちの未来に責任が取れるでしょうか。

………………………………………………………………………………………

野党連合政権協議の促進をめざす 12・15学習・交流集会 

@松戸市民会館301号室

 

講演:市民と野党の共闘の発展と展望~参院選の結果が示したこと~ 渡辺治さん(一橋大学名誉教授、「九条の会」事務局)

 

先の参議院議員選挙で辛うじて改憲勢力を破(わ)ることが出来たが、大幅割れには出来なかった。

「改憲できない」と安倍首相に思わせることまでは出来なかった。

 

この間の参院選は何だったのか?考えていきたい。

 

自民党は結党時から「改憲」を掲げてきた政党である。しかしこれまで一度も争点になったことはない。選挙の時に掲げて特になることはないからだ。選挙では必ず隠した上で臨んできた。

しかし憲法を言わざるを得なくなった。なぜか?

 

3年前に衆議院では「3分の2」すでに取っていた。

しかし参議院は過半数に届かなかった。’13の参議院議員選挙で圧勝した。自民・公明・維新…

‘16の参院選の前に強行した「安保法」により、野党共闘が何十年ぶりに出来た。

 

’14.12に総がかりが。初めは政党同士難しかったが、総がかりが橋渡しをする形で出来上がっていった。毎木曜日に官邸前行動。

 

60年安保の岸内閣を倒した時でさえ野党は協力したが、選挙まで一緒に闘うことはなかった。’16の参院選で32の1人区で11人の野党共闘候補が当選した。

 

’17.5のビデオメッセージでは、9条の1項・2項はそのままで加憲する案を提案。これは公明党の案。しかし野党共闘の前に憲法審査会に提案することさえ出来なかった。

そのまま改選を迎えた。

 

安倍さんはこれで諦めるかと思えば案外元気である。

3分の2まで4人足りないだけなので、何とかなると考えた可能性。

 

安倍さんの演説で14%改憲について話した。本人は必死だった。しかし周囲の議員、例えば小泉進次郎さんも公明党山口那津男さんも全く話していない。維新もしかり。

共産党党首は終盤になるほど、社民党も4割ほど憲法問題に触れ、問題意識を煽った。

枝野さんは全く触れていない。

 

しかし出口調査で憲法について意識した割合は伸びていない。

安倍さんも野党もどちらも成功したとは言えない。

 

しかし国民にとって、アベノミクス、景気問題の方が関心が高かったのではないか。

 

この期間に7回もの選挙を行った政権は無かった。これだけの長期政権は無かったから。

小泉政権でさえ4回の選挙、2勝2敗。

 

自民党から離れた地方を再び自民党に戻したことが安倍さん勝利の鍵。地方に湯水のように税金を流し、公共事業に投じた。田中角栄さんと同じ手法。新幹線を通した、通ることが良いことではなく、それにより10年は出稼ぎに行かなくても良くなった。

 

これが圧勝する理由だった。

 

安倍さん、トランプ、周きんぺい揃って法人税を下げる競争。

小泉さんはグローバル企業を支えるために、地方への投資を絞った。その結果地方が疲弊する。さらに平成の大合併…

 

そして自民党40%以上の得票率獲得した県は、2009~2010年にゼロに。

 

小泉さんは麻酔をせず外科手術、

安倍さんはカンフル剤を打ち、少し元気になったところで間髪入れずに外科手術

みたいな感じ

 

北陸新幹線、山口県忖度道路、など税金を大量投入。

結果、2013年選挙では自民党40%以上の得票率獲得した県は19県に復活…

 

鹿島建設、宮城県で3回儲けている。

ギネスに載った防波堤、3・11で壊れた防波堤を再建し、さらに巨大な防波堤…

地方の産業が壊れているので、本心では疑問があっても、これがなければ生きていかれない、仕方なく支持しているという現状。

 

都心部では外科手術が効いている。

 

安倍政権の政治が悪いことは国民は分かっている。しかし変わるのが何か?見えてこない。

 

秋田県、イージス・アショア、前回の選挙で6%増やしている現実。野党の伸び率よりも自民党の伸び率の方が高い。

 

参院選の特徴は「投票率の激減」。

安倍政権は嫌だが他に選択肢が無いというのが理由。安倍政権に対する不信感があっても代替政党があれば選挙に行く。

 

しかしデータから、個々の政党には投票しないが、野党共闘候補には投票に行っている。山形県、岩手県、秋田県、新潟県、長野県、愛媛県、滋賀県では投票率が高く、野党共闘候補が自民党候補に競り勝っている。

 

この3年間、自民党・公明党の得票率は伸びている。各野党政党の得票率は減っている。

しかし、野党共闘だと話は違う。’16参院選、17衆院選、秋田県では自民党候補者をひっくり返している(25.47%)。

新潟県、高知県でもかなりの追い上げをした。

 

そうは言っても市民連合は知られていない。では何故勝ったのかと言えば、活動家たちの力である。

 

’19.5.29市民連合との共通政策に初めて明示された2項目。

⑴ 辺野古の新基地建設

⑵ 消費税引き上げ中止

⑶ 原発?

民主党時代に決まった政策でなかなか合意できなかったが、これは市民連合の成果である。不動の土台。

 

安倍政治に代わる政治を示せるか!?市民連合に問われている。

憲法審査会にすら提出できなかった力を結集しよう。

 

どうやって経済を活性化させるのか、財源はどうするのか、分からない。この論点を反映させなければならない。日韓問題も然り。野党の一致は見られない。

 

 

後半<市民の立場から>

*千葉土建:労働環境(賃金が上がらない実態、アスベスト訴訟)の報告。平和活動。

*活かせ9条松戸ネット:思想信条の違いを超えて、憲法を守るという一点で協力し合っていきたいと16年前に結成した。安保方成立の時に、それまで政治運動に関わってこなかった団体も招き入れ、25団体の集まりになっている。主要駅で毎週地道に活動してきた。

*松戸市教職員組合:個人情報の関係で仕事の持ち帰りができないため、土日も出勤することがある。松戸市内14校の担任穴あき問題。産休・育休の穴埋めのために音楽の先生→教頭先生→校長先生……35人学級にできず、3クラスを2クラスにして授業したり、過労で倒れた教師が休みきれず出勤することまで起きている。

国語の時間、書かせる時間が多くなったため読解力が落ちた?変形時間労働性の問題。今でさえ時間が足りないのに。

*ジェンダー平等市民活動家:半世紀女性問題、’95の北京会議、’93に初めて「女性の人権は人権」と。カイロでの会議では女性の性と生殖の権利が確率。地球規模に広がってきた。行動綱領はアクションプラットホーム、前文に「女性が鍵」と書かれている。安倍政権はこの5年間全く取り組んでこなかった。被災地で活躍しているのはまさに女性。女性は変革の主体である。しかし意思決定の場に女性がいない!

*つながろう!千葉6区市民連合:松戸市では千葉県内では投票率成績は良い。ややもすると政党に忖度しかねないが、市民として要求していくべきだ。木更津に「オスプレイいらない」集会に行ったら、ブルーシートかけた家、ボロボロの家を見た。オスプレイ買うより復興を。韓国市民の運動のパワーを見習いたい。山梨県北杜市では市民の街宣車が活躍し、成績を上げている。松戸市でも!

*未来をつくる・7区市民連合:埼玉県では市民連合はできていないが野党候補が2名当選している。全選挙区で市民連合ができている県は千葉県だけ。党の言うことを待っているのではなく、市民発、自分たちが目指したい社会を論議していこう。

 

<政党から>

*立憲民主党:生方さんは決算委員会の長として今日は来られない。選挙で勝つには自民党に対抗する代替案を示さなければならない。1日も早く候補者を統一して進めてほしい。

*国民民主党:現政権の緊張感の無さ、傲慢さ。千葉県議会もしかり。自民党は絶対多数を占めており、全てのポストは自民党。野党が災害対策を批判したら委員長から質問を止められた。しかしマスコミが扱ったら一転して自民党が取り上げ、手柄も自分たち。国政も大事だが地方議会からも非常に大事だ。

*日本共産党:木更津市議会が暫定配備を進める役目を果たそうとしている。武器見本市で配布されたDSAIジャパンの冊子に「日本国憲法一部改正に伴い。自衛隊の海外派兵がしやすくなったこともあり」と書かれている。いつそんなことが決まったのか!

*新社会党:社会党が4つに分裂した時の一番左の党。安倍政権を打倒し、民主主義を取り戻したい。金太郎飴のような自民党政権を止めたい。振り返れば’14からずっと共に行動してきた。国民意識の問題もある。最長政権を作らせてしまった。若い世代の問題もある。壁を突破するのは生優しくはないが、ある時点で運動の質が変わるだろう。

*緑の党:腐った安倍政権の退陣を。世界ではグローバルグリーンズとして92か国に存在している党。6つの理念に則り行動している。中でも気候変動と貧困格差が大きい課題ではないか。自治体議員の賛同を求めている自治体非常事態宣言にぜひご参加を。

2019年11月 6日 (水)

戦争と女性

ゆうまつどフェスタ 講演会
戦争と女性 11月3日(日) 講師:中原道子さん メモ


韓国では歴史を伝えようとしている
民主人権記念館
植民地歴史博物館(日本人の案内もある)



学生が聞く「植民地とは何ですか?」と。それくらい歴史を教えていない証拠。


近代日本は実に良く戦争をした。
今日まで戦争が無かったことは本当にありがたい。
1931 満州事変
1933 国際連盟脱退
1937 日中戦争始まる

侵略とはシンプル、相手国の許可無く国境線を越えたら、それは侵略である。
日本は国際連盟から非難を浴び、むくれて脱退した。

戦争は軍部が始めるのではない。
国家が戦線布告しなければ始まらない。
天皇が許可したので、当然戦争責任はある。
しかし流石に東京大空襲や原爆投下があり、謝って戦争をやめようとしたが、内閣総理大臣(吉田)から止められる(ヒロヒトの日記より)。


東京裁判でさえ、天皇は裁かれなかった。
マッカーサーは天皇を活かし(利用し)日本を統治しようとした。
ヒロヒトは、謝らず裁かれず亡くなった。

そこで女性の話だが、戦争は男が起こす、男が考える。

戦争につきものは強姦。

戦争は他国に侵略して人を殺すという、とてもおかしな行為。

民間が経営していた慰安所、やがて日本海軍、日本陸軍が買い取った。
公文書燃やして証拠隠滅を図ったが、それでも証拠は残った。1931年

日本は積極的に慰安所を開設している。なぜか、強姦が多かったから。

麻生徹男、産婦人科の医師が徴兵された。朝鮮に着くと100名の女性の身体検査を命令された。日記には「朝鮮の慰安士は純粋無垢なもの、北九州からの慰安士はその道の商売女と見える」とある。日本で未婚の無垢な女性を連れて行けば大問題になるが、侵略先では何をしても許される。処女、未婚、女性であれば誘拐して慰安所に、強姦、略奪…

日本の軍部は、酒と女を与えることしか考えなかった。

アメリカは実は日本の軍部を調査している。「図書館はあるか。音楽を聴けるか。」なども調査項目に入っている。

アメリカでも現地の兵隊に慰安袋を送っているが、その中には本をたくさん入れたそうだ。
兵隊文庫なるものまで作られ、戦後本が大好きになったというアメリカ兵が多かったという。大学に進んだものも多かった。

日本は負けたから仕方がなかったかもしれないか、日本社会の貧しさを象徴しているエピソードではなかったかと思う。

千田夏光著「従軍慰安婦」、おそらく日本で出版された最初の衝撃本ではないか。
「女性の人権 アジア法廷」

朝日新聞記者だった、松井やよりさん。
編集部に入社したら社員通用口の警備員から「ここから先は編集部。女はダメだよ」と言われる。そういう時代。男性社会ゆえ、苦労が多かった。


73,000人の兵士がシベリアに出兵した。
出兵統計を見ると、非常に性病が多い。
慰安所の慰安婦は検査と治療されているので、慰安所だけを利用していれば性病にはなりにくかったはず。
娯楽は酒と女を抱くことしかない。新聞・雑誌は軍部は見せない方針だったので、日本の情報は兵士に入らなかった。

書籍:「戦時・性暴力をどう裁くか」
フィリピンペナン島のホテルが慰安所になっていた。
慰安婦だった唯一の女性がいる。九段会館で行われた"アジア女性法廷"、マレーシアのタブロイド版の新聞を読んだフィリピン女性が名乗り出た。
自分も伝えなければ、と立ち上がる。が、「性奴隷」として記者に追いかけ回され、以来人前には出なくなってしまった。

私のゴッドマザーになってほしいと頼むと彼女は喜んでくれた。

それから付き合いが始まった。

女性法廷の時には、慰安婦とされた女性たちを呼び、5大陸から著名な判事を集めた。著名な判事を1週間留めるのは大変なこと。
多分1億円はかかっただろう。各国が1,000万円出してくれたり、大口のカンパも。なんとか4日間無事に過ぎた。

国連に法廷の報告書を提出した。こんなことはかつてなかっただろう。
国際会議に出席するのは全て男性の時代。

「戦時・性暴力をどう裁くか」は、女性問題を位置づける重要な本だった。


日本の法律でも「未成年を連れ出してはいけない」とあるから、それでも十分裁ける。
国際法でももちろん禁止。しかし裁かれない。
何故か?法廷に携わるのは全て男性だからである。

私たち女性は見過ごしてはいけない。
声を出すことにより救われる人々がたくさんいる。例えば、外国人労働者の女性が置かれている状況を黙っていてはいけない。

吉見義明著「売春する帝国」岩波書店 2019
売買春させられた日本人の、おびただしい数。

戦地では必ず「陣中日誌」が書かれていて、必ずと言っていいほど従軍慰安所のことが書かれている。
健康診断、治療、入院、…慰安婦の人数も368名など細かく書かれており、多くの慰安婦がいたことがうかがえる。

慰安所規定、
支那人 一円、朝鮮人 一円五十銭、日本人 二円
明らかな価格の差。
女性の人権無視、モノ扱い。

日本帝国の性売買組織を作ることにより、維持、継続しようという強い意志が見受けられる。

戦争に負けた時、アメリカ兵向けの慰安所を作り始めた。それを戦地の牧師がアメリカ本土に報告するやいなや、兵士の妻たちが抗議の声をあげた。


書籍:戦場の宮古島と「慰安所」
戦時中、宮古島には17ヶ所の慰安所があった。
当時少年だった男性が、美しい憧れの女性たちが実は慰安婦だったことを知り、碑を建立することに。
碑には説明が12ヶ国語で刻んである。


質疑応答タイム
1、終戦当時4年生頃。パンパンガールがチョコレートやガムを配ってくれた。あれは従軍慰安婦だったのか。
→従軍慰安婦は軍が厳しく管理していた。パンパンガールは独立して働いていたと思われる。

2、パンパンガールも売春防止法が無くなるまで続いたはず。女性たちは分断されてきた。今なお、近親相姦さえ無罪判決が出ている。女性の人権の低さがずっと続いている。カニタ婦人の村、今でも50人くらい住んでいる。性暴力の被害者も含む。

3、慰安婦の碑の最初は?→カニタ婦人の村。昭和天皇はこの事実を知っていたか?→陸空海軍、内閣の情報は全て集まっていたはず。判断や決定もしていた。なので有罪である、と判断された。逆に言えば、戦前の日本で、天皇以外に戦争責任を取れる人はいない。
早稲田大学横のWAM(ワム)に行くと展示がある。

 

<感想>
参加者は見渡したところ、私と同年代は見当たらない 。
こういう話題を聴きに来るのは若い世代はいないのか、
それとも宣伝の仕方が悪いのか…残念でした。

戦時下におけるアメリカと日本の、生活の捉え方の豊かさが大きく異なり、とても驚かされました。
豊かに生きるってことの意味を、日本はずーっと分からないまま、現代に至ってはいないだろうか…

京さんが亡くなって1年…

昨日11月5日は、先輩議員だった中田京さんが亡くなった命日でした。

とても個性が強くて(アクが強い、と言った方が良いかも??)、好かれ

るか嫌われるか極端な女性でしたが、私は大好きでしたし、とても良くし

てもらいました。

生前に”樹木葬”について一般質問していたから、と、京さんお兄さん

松戸市内で樹木葬をしてくれる墓地を探したんですって。

 

京さんは、何時ごろ旅だったんだろう…

そう思うのと同時に、なんてカッコ良すぎる去り方なんだろう!?

だって、現役の議員で、誰にも看取られず、あっさりと…

葬儀には、市長以下3役くらいしか参列せず、ほとんどの人が最期のお

別れをしていないんです。

もちろん私もですけど。

まあ…取り残されたような周囲の京さんファンは、みんな

「そりゃないよ!京さん」

て、思いましたけどね…

 

あまりにも突然だったから、市役所内では「自殺したらしい」なんてウ

サもあったんですって。

うーん、それは正直京さんに失礼だよな〜って思ってしまったけど。

 

私が初めて議員になった時、京さんと私しか無所属の女性議員がいなく

「良かったら一緒に報告会しませんか?」と京さんから誘ってくれた

のです。長年議員を経験してきたベテランと私みたいなシロウトが一緒

に、なんて話にならないんじゃない??と思いながらも、断る理由もな

く、お受することにしました。

第一回目、どうして議員になったか、何をしたいか、など基本的なことを

話しました。やっぱり緊張していたかな〜…でも、参加してくれた人から

は「ボケとツッコミ、漫才みたい」と言ってもらって、楽しんでくれ

たいでした。

で、選挙前の6月議会まで全部で12回、議会漫才??やりました笑

  
毎回とっても楽しかったですよ(京さんが8〜9割話してたかもしれない

けど!)。

 

あっという間に1年が過ぎたけど、お墓の前ではやっぱり寂しくて泣いて

しまった。たったの4年しか一緒に過ごさなかったのに、京さんがこんな

に私にとって大きな存在になっていたことに亡くなるまで気付かなかった

です。そういう意味でも不思議な女性だったかもな…

 

私が去年、京さんの訃報を知ったのは、京さんが亡くなった翌々日の

11月7日。

夜、メールをチェックしたら、議会事務局からのメールを見つけて、飛び

上がるほど驚き、泣き崩れのです。その晩は泣き明かし、翌日の活動

全くできませんでした。さらにその4日後からは、にとって2回目の

選挙が始まったのですが、一ヵ月前の右手の指三本の骨折と、さん

急逝のショックが重なり、心身ともにボロボロ、散々な選挙になり

ました。

 

何しろ声が出ない。お腹に全然力が入らないんです。油断すると涙が出

ので堪え続けていましたし。

そして集中力が全く無い。近くでスタッフの人が話す声で頭が混乱して

何を話しているのか分からなくなってしまう。

 

こんなことで私は議会に戻れるのだろうか…

内心、とても不安でした。議員活動は相当がんばってきたつもりでした

選挙は議員活動と必ずしもイコールにならないものなので…

それに、私は全く覚えていないのですが、私、だいぶピリピリしていた

うです。多分、私は滅多に怒らない性格だと思っていますが(議員と

してはダメかもしれないんですけど汗)、もしかしたら…

いいえ、やはり自分では全く思い出せません。

 

結果は…幸いにも何とか当選させていただきましたが、理由はともかく

私を通して社会を変えようと、4年間ポスティング等を通じて支援して

いただいた皆さんの期待に応えるほどの結果を出せず、本当に申し

い気持ちでした。そして、こんなにボロボロの選挙でしたが、私の

1期目の活動を支持してくださった有権者の方々には感謝の気持ちで

いっぱいでした。

 

選挙が終わったら飲もうね、と、京さんと約束していたけど、それは

わなかったね。ホントに残念だったな…

あ〜、京さんと飲むの、楽しかったんだけどなぁ。

まだまだ教えて欲しいことが山のようにあったのに。

 

今でも、京さんだったら、どんな判断するだろうな、とたびたび思う。

でも、もういない…

 

この先も自分が信じるように活動するね。

京さんにとってはすごく不安だろうけど(!)

見守っていてね、京さん。

2019年10月16日 (水)

子どものSOS見えますか〜不登校、青年の生きづらさ、どう理解しますか〜 に参加して

(行間が詰まっているのはコピペが原因だそうですが、私にはどうやって直すのかわかりません!読みづらくて申し訳ありません…)

不登校や引きこもりを理解するための講演会に参加した時のメモ書きをアップします。(また写真撮るのを忘れてしまった〜!←松戸市議会では、政務活動費を請求する場合“写真2枚”が必要。私は度々写真を忘れるので、請求しないことがあります。みんなどうして忘れないんだろう…)

 

さて、今回の勉強会では「幼稚園児にも“うつ病”がいる」と知って大変なショックを受けました。

不登校や引きこもりの問題は、まさに社会の問題に直結していると思います。何から何まで雁字搦め(がんじがらめ)の社会(大企業や政治家は責任を取らないくせに)。目的のための目的と思えるような、無駄な作業とそこに求められる責任。窮屈すぎて息をするのも苦しい現代社会…

心の傷を傷で埋めようとして攻撃するのが、いじめ、虐待、DV、パワハラ。

この社会の異常さから身を守っているのが、不登校、引きこもり。

そんな風に言えるような気がします。

その傷は何なのか。何から身を守っているのか。私たちはそこに芽を向けるべきではないでしょうか。

 

幼稚園児のうつ病の件ですが、小学校の低学年以下、特に未就学の子どもには、何も教える必要はありません。これだけは断言します。

子どもは毎日の遊びを通して、実はたくさんのことを学んでいます。自分自身で発見し、体感し、実感することの喜びを、大人が奪ってはいけないのです。勉強を教えるなんて、伸びようとする芽を摘んでいるようなものです。その時期の子どもに勉強を教えることは、かえってその子の成長を脅かしかねないのです。

 

幼少期の子どもに必要なのは、自分を丸ごと受け入れられている、守られている、という安心感。それだけです(そのように育てられて来なかった方に求めるのは難しい面がありますが)。

「大丈夫だよ」「見ているよ、やってごらん」

そんな眼差しで、黙って子どもを見守っているだけで良いのです。

(あ?決して私が出来ていた訳ではなく、大きな反省の上で言っております〜)

 

息子が不登校になった時、私が動じずに済んだのは、お世話になって保育園で、ありのまま認められる保育を親子で体験していたからだ…と実感しています。

 

この講演会を主催している「不登校問題を考える東葛の会 ひだまり」は北松戸にあります。

http://hidamari0501.web.fc2.com/news.html

私の息子が不登校だった時、他の親御さんがどんな風に感じているのか知りたくて、親の会に時々参加していました。

不登校のお子さんを抱えるお父さんやお母さんに、私がお伝えできることは「不登校は親が成長する大きなチャンス」ということです。子どもは身を持って多くのことを私たちに教えてくれる素晴らしい存在。お悩みであれば、一度親の会に参加なさることをお勧めします。

(ちなみに、引きこもりについては「よっといで!」さん 

http://yottoideyo.web.fc2.com/

 

ちょっと長いですが、良かったら最後までお読みください。

…………………………………………………

子どものSOS見えますか

2019.10.5 馬橋東市民センターホールにて

〜不登校、青年の生きづらさ…、どう理解しますか〜

広木克行先生(神戸大学名誉教授)

 

神戸の教員4人による教員へのいじめ。

学校の急速な劣化が進んでいる。

急速な変化が起きているのではないか?

子どもにとって教員が唯一の頼り。しかし勉強会に来る教員は来ない。このような場で保護者の話を聴いてほしいのだが…

教員を取り巻く環境が許さないのか?

 

このような場において涙ながらに相談してくれる保護者の方に心から感謝する。

 

文科省の「不登校の定義」は間違っている。

 

不登校、いじめ、増えている。不登校は14万人、いじめは41万人も…!教員が認知したいじめは、という意味。

感覚としては不登校はもっといると感じる。倍はいるかもしれない。

 

いじめを傍観せざるを得ない立場に立った子どもが不登校になる事例を多く見てきた。勇気を持って担任に相談するも本気で対応してくれず、やがて大人への不信を覚え、さらには自分自身への不信を抱くようになる。自暴自棄に…

 

昨年子ども599人の自殺者、全体は減っているが唯一子どもだけが増えている。

子どもたちは命がけで引きこもっている。

 

日本財団が子ども6,000人に電話して調査した結果、推定で少なくとも33万人いる、と分かった。

 

不登校の急増

第1期は1980年〜1990年頃

第2期は現在

 

第1期の頃は、勉強会に半数くらいの教員が来ていた。

 

先日「不登校に対する関心の低さは何か?」という質問があった。自殺ならまだしも、不登校といじめは"いつもの風景"と化している。

 

①不登校の子どもは反社会的な行動を取っているわけではない。不登校は"非社会的"な行動であると言える。

だからなかなか自分ごとにならない。

 

この深刻な事態をマスコミがきちんと報道してもらいたい。子どもたちはもしかしたら当事者かもしれない。

 

②不登校の定義

不登校は、心にもつれを抱えた子どもが家庭に助けを求めざるを得なかった状態。

 

③民主主義の後退の影響

教職員組合の勉強会があれば、必ず教職員組合のニュースに載り、国の考え方と違う内容が教師に伝わるのだが、この間、教職員組合は弱体化されており、教員は想いを発信できなくなっている。

 

SSWは学校(教育委員会)の指示に従うので、事実が本当に伝わるかどうか…

 

不登校を経験した、今は教員の男性の言葉↓

行けなくなってから分かるもっと深い苦しみがある。一番分かってほしい親との葛藤。親への不信感。絶望…親が別人に見える。親に対する"愛"への疑い。やはり自分は生まれて来なければ良かったのでは…?

 

親は子どもへの愛情があるからこそ思うことなのに、子どもからは愛を疑われてしまう。

最初は、親なら誰でも行き着くところだ。

 

苦痛は主に3つ

①症状に現れる→熱、腹痛、吐き気など。病院に行っても問題は見つからず

②行動化現象→独り占めにする、兄弟に暴力を振るう。親の愛を試している状態。

③言語化→相手に安心して話せると認識した時、人は言葉を発することができる=言語化という。

 

親は子どもを変えようとしてしまう。

頭で分かったようでも、直ぐにはなかなか寄り添えない。

 

子どもの優しさにもっと早く気付けていたら…

 

5歳と3歳の子どもの保護者より、成績重視で育てられた自分は、知らず知らずのうちに子どもにも求めてしまう。

そういう傾向がある。

 

不登校の親自身が、不登校とは何かを学び、成長することが不登校を親子で克服することに繋がっていく。

 

第2期急増期の現在、

2007年

2006年は教育基本法の改正(改悪)があった。

学校は、教員と保護者が創意工夫して創るものとされていた。「教育は不当な支配に屈することなく…」

 

以前は教員が創意工夫して、自ら学校(勉強)を楽しんでいた。

 

しかし、2006年の改正から決定的に変わってしまった。

国が口を出せるように変えられてしまった。

今では財務省と経産省が方針を決め、文科省は実行部隊に過ぎない。

子どもを「人間」としてではなく「人材」と見る。

 

財務省と経産省が管理した結果、学校はブラック化した。教員へのなり手が少なくなる一方。

第2期の今、特徴がある。

小学校低学年からの不登校が増えている。

入学後、早ければゴールデンウィーク、6月くらいには不登校が始まる。

魂の入らない授業、つまらない授業、それなのに成績をつけられる。「なぜこんな勉強をしなければならないの?」分からなくなる。

 

黙食、黙働…美味しくない。つまらない。

「学校スタンダード」(書籍)〜

 

心を病む教員が増える一方。スタンダードではない生き方がしたい教員は苦しんでいる。

 

教員の大きな声が怖い、

宿題の多さ、

 

学ぶ、学習、何が違うか。

子どもたちが拒否しているのは学習である。

小学校低学年の子どもに必要なのは学びだ。

 

条件反射を覚えさせるのは"学習"。これだけでは子どもはイヤになる。

 

実は今は幼稚園授業にも不登園児が出ている。

時間割があり、専門の教師が教える。毎日反省文を提出、評価される。

授業に出たくない子どもには「鬼から電話(アプリ)」で脅迫…

神経症の園児が増えている。

保幼小の実態か?

 

私立の小中一貫校で不登校状態の生徒が増えているが、実は退学を促されるので、数値にはならない。

 

暴力は親に向かう(書籍)

教育虐待(書籍)

精神科医の間で問題視されている。

 

会社のPDCAサイクルを子どもに当てはめようとする父親…

 

公開相談

事例一人目

息子中学入学後テニス部、中一の9月にペアを組んだが解消を申し出されるが、続投。心が折れかけた。2月期にやめたいと息子。中途半端になるのではとアドバイス。

疲れた様子。中二林間学校後、グループラインから外され、疲れた様子、7月3日間休み、行けなくなる。中二2月期、担任に相談するも多忙。

あちこちのカウンセリングや市民団体の相談会に出る。

昼夜逆転、食事は1日2食、

映画を数回一人で行けた。

学校には行きたくない、という意思。進路について「普通に行きたい」と答える。

「行かなくてもいいよ」と言いながら、どこかで行って欲しいと思っているのが出てしまうのではないか、と。

 

*昼夜逆転、ゲーム三昧をどうすればいいか。

*グループラインを外された件

 

担任が「グループライン外された件を追求しましょう」と言ったか、息子は望んでいない。

 

広木先生より

カウンセラーは母親に対して何らかの助言はなかったか?

→特には無かった。

 

テニス部の様子は?

→あまり一緒に練習してくれなかったようだ。そこまで悩んでいるように感じていなかったが、2年生になってからテンションが下がり。

 

息子さんはどうしたかったんだろう?

→何をどうすれば良いのか分からないのではないか。

 

自分で決めるという体験が少なく、自分では決められない。だから自己決定することができない。友人関係の中で表面化した可能性があると感じた。体験を重ねていくことが大事ではないかと思う。

心が折れかけて「部活を辞めたい」と子どもが言った時がとても大事。「続けたら?」の前に「どんな気持ちなの?」と心の声を聴く。チャンスを逃した感がある。これは何もあなただけの問題ではなく、ほとんどの親が持っている。

中三は進路の問題が起こる。心の問題を置き去りにすると、もし高校に行っても、繰り返す可能性があるだろう。

テーマ2つがあって悩ましいところだが。

今はゲームやネットをしているのであれば、その話ができる人と会える、話せる環境に行くこと。親自身がおススメしたい場所があれば、まずは親自身が行ってみること。

親が行こうと言って子どもが行く場合の方がむしろ少し心配。それはあくまで"受け身"だから。

 

…………………………………

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

«9月議会が終わりました