« 2015年3月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月21日 (日)

今年の教科書展示会、すでに始まっています

【教科書展示会】すでに始まっています。

 

教科書展示会をご存知でしたか?

毎年この時期に、様々な会社の教科書が展示されているんですって。

私は311が起こるまで、全然知りませんでした。

 

憲法の改正が言われている昨今、子どもの教育現場で使われる教科書、大変気になります。

 

皆さんも教科書を見比べに行ってみませんか?

 

【日時】6月19日(金)~ 7月9日(木) 

    9:00~17:00

 但し土日と77日(火)は休館日

 【会場】千葉県教育庁東葛教育事務所内松戸教科書センター

(松戸市小根本7。市役所向かいの合同庁舎内)

047-361-4103

 

東葛教育事務所管内では野田、柏、我孫子、流山、鎌ケ谷でも展示されています。このうち流山教科書センター(流山市生涯学習センター内)のみが土日も展示していますが、期間は6/19 7/2 となっています。

「平成27年度教科書展示会の開催について(千葉県HPより)」

https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shidou/shou-chuu/kyoukasho/260418shiyou-kyoukasho.html

 

今年の採択は中学校の教科書のみだそうです。

でも、小学校も高校も展示してあるようですよ。

 

科目ごとに11冊ずつしか展示していないので、

歴史や公民の教科書がなかなか見られないこともあります。

 

そんな時は国語や芸術でどんな教材が使われているかのぞいてみるのも良いかもしれませんね。

 

今回は中学社会歴史的分野に「子どもと学ぶ歴史教科書の会」が設立した出版社「学び舎」の『ともに学ぶ人間の歴史』が初登場しているそうです。どんな教科書か、ぜひ見てみたいものですね。青木書店から市販(2000円)もされる予定だそうです。

  

 

ちなみに、子どもと教科書全国ネット21の俵さんは今回の検定結果(社会科)を次のように批判しています。

①「慰安婦」や領土問題で政府見解を書くことを強要 

②「通説」にこだわる新検定基準を作り、南京事件や関東大震災の被害者数を小さく書かせる 

③自由社版、育鵬社版は侵略戦争と植民地支配の美化、天皇制賛美、日本国憲法敵視といった性格は変わらず、他社との違いは歴然。

 

いずれにしても、自分の目で確かめたいものですね。

 

 

 

学習会「『豊かなくに』で生まれる子どもの貧困」簡単報告

(Fbにほぼ同じことを書きました)


20日、
「『豊かな国』で生まれる子どもの貧困」
と題した学習会がありました。

講師は、山野良一先生(千葉明徳短期大学保育創造学科教授)です。
山野先生のお話とても良かったです。
先生は川崎市の児童相談所の職員だったそうです。
現場の方だったんですね。
だからお話にリアリティがあったんだなぁ〜

 

2011年の統計では、貧困状態の家庭の年収は、
親子2人=173万円、

親子3人で211万円、

親子4人で245万円…生活できるわけ無いのでは…?

しかもそれが貧困家庭の年収の上限だそうです。

つまり、もっと収入が少ない家庭がある…


今日のお話をかいつまんで書くと、


・貧困の構造は経済的困難を軸にして、あらゆるところに絡まっている。

・貧困は、一人親だけの問題ではない。両親が揃っていても収入が少ない家庭が増えている。

・見えにくい、貧困の難しさ。無理解。

1997年を境に日本人の所得は下降している。

・日本がOECD加盟国の中でも教育費は最悪最低…

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/09/__icsFiles/afieldfile/2010/09/07/1297267_01_1.pdf

この教育費の中には、先生方に支払っている給料も入っているので、それを引いたら日本は酷すぎるんですって。



・国連の国際人権規約の中の「高校・大学の学費無償化条項」への批准をずーっと拒否していたが、平成24年、野田首相の時に撤回した(批准した)。

が、そのことが社会に向けて発信されていない。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/tuukoku_120911.html

 

尾木ママのコメント

http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/500/156165.html



・最後に「子どもは社会で育てる」という認識が必要だと締めくくっておられました。



そう、国には「社会的な責任」があると思うんです。



それにしても!

日本で国立大学と私立大学の比率は3:7くらいだそうですが、

世界の殆どの国には私立大学が無いんですって!

こんなに私立大学が多いのは、

世界でも日本と韓国くらいだったなんて。

奨学金だって、日本の奨学金は世界的にも稀に見る金利の高さで、大学生は卒業と同時に借金漬け。

貧困は、無策のせいで、作られているのですね。



« 2015年3月 | トップページ | 2015年8月 »