« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年10月15日 (木)

松戸市内の小中学校で行われる運動会・体育祭のけがの件

小中学校の運動会や体育祭で行われる、通称「組体操」。本当は「組み立て体操」と言うんですって。
10
10日(土)に東京新聞に掲載されましたね。

Img_3015  

 

この件で、昨日の朝、教育委員会を尋ね、質問しました。

内容は、①ケガをした子は今どんな状態か②保護者に説明したか③今後の方針は④市民からの問合せは無かったか⑥経緯をHPに載せるか⑦市民からの問合せはあったか  ………

 

その時の雑駁なメモより。

ケガした子は、すっかり良くなって、元気に学校に通っている。

保護者に説明をしたかどうかは掴んでいないが、やっていないかもしれない。

教育委員会からは全校に「運動会における事故防止について」という注意喚起の手紙を送った

・けが人…小学校20人(そのうち骨折は3人)、中学校42人(骨折7人)。

ケガした子がいた場所には、たまたま先生のサポートが少なかったようだ。

現在、各学校に対して、組体操に関するアンケートを実施しているが、まだまとまっていない(もらいたいと伝えました)。

月に一度の校長会で、今後のことは検討していく。

HPには載せない予定(個人情報保護)。

市民からの問合せは無いもよう

子どもたちの8割は楽しみにしている。何よりも地域や保護者からの要求が強い

 

私は、このケガをしたこの精神的な負担がどうだったのか気になりました。一応今のところは元気に通学しているようで良かったですが…

また、「嫌がっている子」に対して組体操をやるのは「虐待」に当たりませんか?と、聞いたら…

「嫌がる子が参加しない、となったら、例えば参加合唱コンクールだって、イヤな子が参加しなかったらどうなりますか?歌がイヤな子達に取っては非常にストレスなんですよ」と。

 

で、でも……!

合唱コンクールでは人はケガはしません。。

腕や足の骨折もひどいですけど、もし打ち所が悪くて、取り返しのつかないことになってしまったら、その責任は誰がとりますか?保険に入っていれば良いという問題ではないですよね?

 

それで私から提案したんですけど、「選抜制」が良いと思うんですがいかがでしょうか?やる気満々の生徒には十分活躍してもらうが、あまり気乗りしない生徒はその他大勢の飾りになるんです。


そもそも、組体操の教育的意義とは何でしょうか?

命がけで行う教育なんて、無いと思います。

 

 

参考までに、名古屋大学大学院教育発達科学研究科学 准教授の内田良先生が13回に渡って、その危険性や疑問点を指摘しています。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/20140519-00035451/

 

 

続きはまた。

« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »