« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月 2日 (土)

2016年、今年も宜しくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます!

 

 2016年がスタートしました。

 昨年は、皆さまには大変お世話になり、本当にありが

とうございました!

 

 初めて市議会議員になった昨年を振り返ると、

「一体何してきたのかしら!?」と思うくらい、勉強量も

活動量も、自分が理想とするレベルには程遠いです。

…どうも私って要領が悪くて、非効率なことが多かった

なと反省です。

 

 毎週金曜日朝7時〜8時は、雨の時と私に用がある時以

外、矢切駅にて定例駅頭を行っています。皆さんの税金

で仕事をさせていただいているのだから、議員活動の報

告は義務だと思って、これだけは止めないで頑張ろうと

思っています。

 

 さて、昨年は国が「安保関連法」を強行採決したこと

が一番のニュースでした。でもそれ以外にも「派遣労働

法」の改悪や「川内原発再稼働」、「原発輸出」、「TP

P」、挙げたら切りがないほどの酷い問題がありました。

 

 一方、非正規雇用の人口が2014年度に2,000万人を超

えたというニュースもありました。また、子どもの6人に

1人「貧困状態にある」という統計が出ています。松戸

市もほぼ全国平均の13.7%の貧困率とのことです。

 

 ですが、残念ながら、与党の国会議員は、自分たちに

「金と票」を集めてくれる大企業の方を向いています。

だから、企業の利益のための代弁をする国会議員が多い

のです。

 逆にもし、非正規雇用・派遣労働者、低所得者の方が

「政治は自分たちのためにあるんだ!」ということに気

付き、選挙に行って、非正規や派遣労働者に寄り添う候

補者に投票するようになれば、構成が変わるので、政治

にも変化が起こるでしょうね。

少なくとも今よりは暴走出来なくなるでしょうね〜

 

 ところで、政府が高齢者世帯に配る「臨時福祉給付金」

3600億円…世間では「バラ撒きだ!」と怒りの声が挙

っていますね。

 けど3万円配る…って、全然抜本的な改革にはなってい

ないじゃないですか。この経済の仕組み、構造が問題なの

であって、目先の3万円を配ったら解決するものじゃない

はずです。

子どもにあめ玉シャブらせるみたいな施策は許せません。

 それにしても、参議院議員選挙の前にこんな施策…

いやらしいなあ〜とます(`へ´)。

 

 とにかく、多くの国民が「自分には関係ない」と思って

いるうちは、政治を変えることは難しい…。

 

 しかし皆さん

政治に「無関心」でも「無関係」な人はいません!

 

 311は、あまりにも多い犠牲の上に、私たちに「学

び」を授けてくれました。絶対にムダにはできません。

また、安保関連法強行採決の動きは、子育て中のお母さん

達の心に火をつけました。お母さん達の想いをどんどん膨

らませていかなければなりません。

 

 だって、子どもたちの未来を決めているのは、私たちオ

トナなんですから!

 

 

 今年は参議院議員選挙です。私自身、議員活動を通して、

しでも多くの人に、選挙って素晴らしい仕組みなんだ、

ということを伝えていきたいです。未だに選挙権の無い国

だって世界にはあるんですから!

(選挙制度の問題はここでは置いておきますね)

  

  …今年の参議院議員選挙に向けた動きがあるので、果

たし自分の希望通りに出来るかどうか分からないんです

が、

 

 例えば「映画会」とか「みんなで温熱療法やってリラッ

クスタイム」とか、単なるおしゃべりカフェにちょっとプ

ラスした企画を行っていきたいと思っています。

 

 

 今年も精一杯頑張りますので、宜しくお願いいたします〜!

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »