« 2016年2月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年4月 2日 (土)

松戸市内の小学校で体罰、というニュースについてヒアリングに行ってきました

松戸市内小学校の教員が生徒に体罰をしていたというニュース、
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/311441
市の教育委員会(以下 市教委)にヒアリングにいきました。

 

 

市教委の話では、

 

『確かに体罰と言われればそうかもしれないが、余りにも誇張されている。

 

学校側は児童にアンケートをとり、それも全て保護者と取材した新聞社に見せた。児童が事実と違うことを書いている子がいたが、新聞社はそのまま書いてしまっている。

 

保護者会ではアンケートの答えと実態の食い違いは説明した。 例えば、テストで間違えた分だけ最大60周走らせた、というのは実際には全然違って、数周走らせただけだし、それもゲーム感覚みたいに行っていた。

 

サッカーのすね当てでケガをさせたのも、ふざけていた生徒に対し「ダメでしょ」と軽くコツンとやったら、たまたま児童が動いてしまって、顔に傷をつけてしまった。

 

壁に頭をぶつけた話も、ぶつけようと思った訳ではなく、偶然そうなってしまった。

 

今回、この教員を訴えたのは、体罰をされた側の生徒ではなく、他の保護者だった。その保護者は、学校には何も言ってこない中でいきなり県教委に訴えた。新聞では市教委に訴えたことになっているが、実際には県教委から降りてきた形だった。

体罰を受けたとされる児童の側は、それほど先生に対して悪い感情があるというわけではない。

 

 

学校現場は、教員と児童・生徒、教員と保護者それぞれの信頼関係が無ければ成り立たない。

 

もし保護者が子どもを通じて疑問に感じたことが合った時には、

先ずは担任に事実確認

それで納得出来なかったら学年主任

それでもダメなら教頭

さらにダメなら校長

最後の最後に市教委

 

 

お互いのために、そんな段階を踏んで欲しい。

ただ、その教員側にも慎むべき言動などがあったことも事実なので、厳重注意し、改善を促した。

 

保護者会では、次年度の担任としてどうか保護者と話し合ったが、そのまま持ち上がりでも良いのではないかと概ね仰っていただいたので、担任を続けさせることにした。』

 

 

……………

 

という回答でした。

 

あとは、一番肝心なのは、そのクラスの児童がどう感じていたかですが、今のところ情報が無く分かっていません。

 

市教委には、ある程度の説明(釈明)をHP上で行って欲しいと思います。

組み体操の時もそうでしたが、本当は努力している面もあるのに、外部にはそれが全く見えて来ないのです。

 

だから“隠蔽体質”とか言われちゃうんじゃないのかしら…。

 

広島で起こった、内申書の記載違いから進路を巡って生徒が自殺した(させた、と言う方が正しそうですが…)こともあって、「この女教師はどんな顔だ」と騒ぐようなブログも出てきたりします。

 

私は、市教委として何を考えたのか、どんな話し合いのプロセスがあったのか、丁寧に説明していくことを求めます。

 

そして、何が児童にとって最善なのか…これは児童を巻き込んで一緒に考えていくことが大事だと思います。

 

 

私たち、子育てしている保護者は、学校とどう付き合えば良いのか?

教育の基本的な責任は保護者の側にあり、保護者は子どもの教育を学校に付託しています。

学校を信頼できない保護者がいることも分かりますが、子どもの教育に関しては、保護者と学校が協力し合う、歩みよる努力をしなければなりません。

また、学校側にも児童・生徒、保護者に寄り添う態度・姿勢が求められます。 「アイツが悪い」と言っているだけでは解決しないことが多いように思います。

 

また、この時PTAはどんな役割ができるのでしょう?お母さん同士、色々話してみてはいかがでしょうか?

 

また情報が入りましたらお知らせしますね。

 

 

 

« 2016年2月 | トップページ | 2016年7月 »