« ジェンダーって何でしょうか… | トップページ | 問題の「討論」含めて議会の仕組みについて、私なりに説明します »

2016年8月29日 (月)

おかしくないですか??松戸市議会…&お知らせとお願い

(「誤解を招く表現だ」と指摘された部分があって、少し編集しました。ご了承ください。

皆さまに重大なお知らせがあります。 

松戸市議会では、前回(823日)の議会運営委員会において、今後の予算・決算の討論時間が制限されることが決まりました。

あらましを書きますと、

基礎時間10分+(人数×1分)=討論時間

というものです。
私が属している「政策実行フォーラム」は6人なので、計算式に当てはめると

10
+(6×1分)=16

となり、討論時間は16分となります。

今まで松戸市議会では、予算・決算の討論時間に制限はありませんでした。
それが、ここのところ「30分を目安に」となり、議会運営委員会で議論が続いていましたが、前回の3月議会の予算討論で、共産党さんが48分やったことを逆手にとられて、長すぎる!と、運営委員会において多数決でパパッと決まってしまったのです。

市民が知るすべがないところでシレッと決めるなんて…。

議会運営委員会は、松戸市議会のホームページに議事録はなく、開示請求しないと出てきません。
つまり、努力しないと実態を把握することはできないんです。

こういうことを、皆さんはどう思いますか?

それにしても討論が16分…一体何が主張出来るんでしょうか?

特に予算の時にはほとんどのことが言えないと思います。


松戸市議会の「良いところ」だったのに、本当に残念でならないし、この行為は議員の権利、議会のあり方を軽視し、自ら放棄する行為ではないかと受け止めています。

これまで、多数派は様々な理由を持ち出して「長すぎる」と主張し続けてきました。理由の一つが「職員を5時には返すべきだ」とのこと。共産党はいつも「労働環境」のことを主張しているじゃないか、と言うのです。


しかし、議会は年に4回のみ。

予算・決算は、それぞれ年に一度しかありません。

市としての意思決定を容認するかどうか(そういう意味においては神聖な場所かも?)を決定する
場において、議論の時間が超過することは、市民全体の利益を考えたら、時としては止むを得ないことです。


また、
もし市長の施政方針に対して反論があれば、結果として長時間になることもあると思います。

私が属している会派、「政策実行フォーラム」としては、これを議員の権利を制限する行為ではないのか⁉として、重大に受け止めています。

地方自治体の松戸市としての民主主義も、こんな風に少しずつ奪われていくのかと危機感を覚えております。


さて、もう一つ重要なお知らせです。

今回、「議員の賛否公開を求める請願」が出され、議会運営委員会扱いで審議されることになりました。
私たちの会派から、谷口薫さん、関根ジローさん、DELIさん、増田の4人が紹介議員を受けました。多くの市民の皆さまに傍聴していただきたいので、ぜひぜひお越しください!

 

まだ日程が決まっていないので、決まり次第、改めてお知らせします‼︎

« ジェンダーって何でしょうか… | トップページ | 問題の「討論」含めて議会の仕組みについて、私なりに説明します »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596633/64128431

この記事へのトラックバック一覧です: おかしくないですか??松戸市議会…&お知らせとお願い:

« ジェンダーって何でしょうか… | トップページ | 問題の「討論」含めて議会の仕組みについて、私なりに説明します »