« 「個々の議員の議案の賛否の公開を求める請願」は否決されました。 | トップページ | 子育て・教育を語る会に出席して思ったこと »

2016年9月21日 (水)

議会ニュースVOL.5に関する市民の方からのご意見について

私は毎議会ごとに必ず議会レポートを作って、市民の皆さまに報告させていただいています。

議員として活動の報告をするのは当たり前のことだと思っています。

「vol.5.2016オモテ完成版3.pdf」をダウンロード

「vol.5.2016ウラ完成版2.pdf」をダウンロード

(ニュースをアップしたいのですが上手くいきません。申し訳ありません…)

現在、ボランティアの方に支えられて、松戸市内に約3万枚ほどポスティングさせていただいていますが、なかなか大変です。ポスティングボランティアさんも随時大募集しています!!!

さて先日、ポスティングされた私のニュースをお読みいただいた方から、メールが来ました。

このようなご意見も、私にとっては貴重な情報ですから、ありがたいことだと思います。

返信も合わせてお読みください。

まだまだ未熟ですが、一歩一歩成長していきたいと思います。

………………………………………………………

<市民の方のご意見>

本日、ポストに入っていた活動報告を読みました。

小規模保育所に反対なのでしょうか?

そこにお子さんを預けている保護者の方にも、預けられているお子さんにも、

そこで働き、一生懸命、保育している方にも、非常に失礼な書き方だと思いまた。

<増田薫からの返信>

ご意見ありがとうございました。

ご自身を否定されたような気持ちにさせてしまったのですね。

失礼に当たるような書き方だとしたら申し訳ありませんでした。

字数が限られる中なので難しいのですが、次回からは誤解を与えないように工夫したいと思います。

もしできれば6月の私の一般質問の議事録を読むか、動画を観ていただけないでしょうか。

もしかしらた少しは私の思いが通じるかもしれませんので。

(議事録は一問一答ではなく、全部の質問全部の答弁全部の要望あるいは第2質問第2質問の答弁、となっいて読みにくいかもしれません。それも改善点であることを知って欲しいのです。)

私は決して、お子さんを預けている保護者さまや、お子さんを預かっている保育士さんたちを否定するつもりは無いのです。

私自身、働きながら保育園にずっとお世話になってきました。雨の日も雪の日も自転車に子どもを乗せて、親子共々雨合羽を着て本当に必死でした。働く目的は単に「収入のため!」でした

それにしても、働きながら保育士さんにはどれだけ助けていただいたか分かりません。

ですが子どもの生育という観点から見た時に、小規模保育の環境を「子どもたちに良い」と言うことは私にはできません。

この質問をする前に、ある小規模保育に取材に行きました。

窓は道路側の一方にしか無く、クロス貼りの無機質な部屋。子どもたちの生育環境として不安を感じました。

保育士さんに質問してみましたが、実は保育士さんご自身も、同じような疑問・不安を持ちながら、しかし何とか最善の環境を子どもたちに提供しようと努められていることも知りました。雨が降らない限り毎日午前と午後にお散歩に行って、近くの公園や連携園の園庭で遊ぶと仰っていました。

もちろん、お子さんを預ける保護者の皆さんにも全く罪はありません。

では何が問題なのでしょうか。

私は、問題は幾つかあると思います。

子育てしながら働く人が増え続けているから、止むを得ず小規模保育を充実させているのですが、なぜ子どもが減っているのに、子育てしながら働く人が増えているのでしょうか。

大きな理由は、政治の状態が悪く、だから経済状態もなかなか良くならず、多くの市民をサポートできていないから働く人が増えているのではないかと思っています。国が捻出している教育費は、OECD加盟国中「最低」です。これは国が行う政治の問題です。

もちろん働くことは決して悪いことでは無く、良いことも沢山ありますよね?

働くことで生きがいを感じたり、気分転換があったり、交友関係が生まれたり、情報を得たり大人も自分の人生を歩んでいるのですから、大事なことだと思います。

ただ、長時間労働だったり、休みにくかったり、子どもは急な熱とか怪我がありますから子育て中の方は、様々な苦労をされている方が多いと思います。私もそうでした(でも私は同居なので、お姑さんにずいぶん助けてもらいました)。

市内に病児・病後児保育が設置されたのも、身内に頼れる方がいない方への支援策ですが、子どもが病気になった時に父母のどちらも近くにいられないような労働環境の方が問題ではないかと

子育てをしている方への特別支援策のようなものが、多くの企業などに設けられていくべきなのではと思います。

これは、働く皆さんが職場で訴えていかなければ変わっていかないことかもしれません。

もちろん私の言っていることは理想でしかないことは分かっています。でも理想がなければ改善にも進みませんから。

取材した保育所の保育士さんは

「私たちは働く皆さんのために子どもを預かりますが、子どものことを考えた時に、どう考えても7時が限界です。それ以上は長すぎます。」

と仰っていました。

それから、子どもの生育環境について、社会の理解が低いのではないかと思います。

子どもたちは毎日毎日、ものすごく刺激を求めて成長しています。単に膨らんでいく、大きくなる存在ではないのです。その環境をできるだけ十分なものにしなければなりません。なぜならそれは、その子の10年先、20年先に影響する重要なことだからです。子どもたちが成長する環境を整えるのも政治の役割ではないでしょうか。

お子さんはお幾つなんですか?

私の子どもは大学1年生と中学3年生になってしまいました。やはり楽しいのは小学生までですね

私のニュースをお読みいただき、ご意見をくださってありがとうございました。

文章だけで本人に会ったことが無ければ「コイツ何者!?」と思うのも当然かもしれませんね。注意が必要ですね。

もし気が向いたら「おしゃべりカフェ」にいらしてくださいませんか。議会の後に年4回開いています。

私に厳しい質問やご意見をくださってももちろん全く構いません。私が行った質問についても若干説明しますけど、いろいろな皆さんとおしゃべりする中で、学校の話や介護の話など、松戸市の問題とか改善点を見つけたりしています。質問にすぐにお応えできなかったら、持ち帰って調べてお返事しますし、私の考えが言えればお伝えします。

子育てのことで思っていることなど、聞かせていただきたいです。

不安定な天気が続いています。どうぞお元気でお過ごしください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

増田薫

« 「個々の議員の議案の賛否の公開を求める請願」は否決されました。 | トップページ | 子育て・教育を語る会に出席して思ったこと »

コメント

私も増田さんの活動報告を読みましたが、失礼な文言があるとは受け取れませんでした。むしろ、どんどん追及してほしいと思います。

どんな制度も、どんな組織も、100%完璧なんてありえないのですから、声をあげられないだけで、疑問や問題を持っている人はいるものです。
行政執行部が多数に耳を傾けやすい中で、声なき声も拾い上げていくのが議会の役割だと思います。

ご活躍ください。

ご意見いただきありがとうございました。

色々な考え方、受け止め方があるのだと改めて思います。
紙面に字数の限りがあるので、説明が詳細にはしにくく、誤解を与えてしまうこともあるのかもしれません。そういう意味でも、気づきをいただきました。

まだまだ未熟者ですから、ご意見はとてもありがたいです。
お気付きの点は何でもご指摘ください。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596633/64233642

この記事へのトラックバック一覧です: 議会ニュースVOL.5に関する市民の方からのご意見について:

« 「個々の議員の議案の賛否の公開を求める請願」は否決されました。 | トップページ | 子育て・教育を語る会に出席して思ったこと »