« 初めての来賓挨拶 | トップページ | 平成29年6月議会の一般質問より »

2017年4月29日 (土)

政務活動費の報告書を提出して来ました!

平成28年度の政務活動費の報告書、提出期限ギリギリ間に合いまいした。
大変だったけど間に合ってホッとしました〜(*_*)


松戸市議会の政務活動費は

月々50,000円×12ヶ月=600,000円/年。

私は会派の活動に月々5,000円×12ヶ月=60,000円/年

移動していますので、私が使える政務活動費は、実質

540,000円/年

となります。

今回計上した政務活動費は

635,057円(95,057円の超過)

でした(今後チェックされて認められないものが出た場合には削除したりするので、まだ確定ではありません)。
「28.xlsx」をダウンロード


ところで、前にも書いたことがありますが、松戸市議会では、一般公開の前に、議員に対して公開し、市民から誤解を招きそうな政務活動費の報告が無いかどうかお互いにチェックをします。以前に悪さをした議員がいたので、議会内でこの方法を考えたそうです。他市で行われているかどうかは調べておらず分かりません。

例えば、以前は1万円の交通費までは領収書無しで落とせましたが、今は「領収書」「目的」「会った場所」まで明記させられるので、計上している議員は私と中田京議員しかいません(最も、私が計上したのは、市民センターとか公的機関に行ったものだけですからほんの一部です)。

事務的な書類が面倒で返上している議員が多いのは、良くないことだと思います。 実際、議員活動をしていると、5千円や1万円は交通費で使ってしまうと思うので、何かもう少し使いやすい、良い方法は無いものかと考えています。

不正を行った議員が明るみになる度に締め付けが厳しくなるので、保守系の議員たちは「政務活動費を撤廃して全部報酬にすべきだ」という主張をするようになるのです。報酬であれば、報告書は不要だからです。

しかし、それでは議員活動が全く見えなくなるので、それはそれで良くありません。

また、勉強会などに出た場合は、以前は資料の提出だけでOKでしたが、今では「写真」と「レポート」を提出します。行った証拠にSuicaの履歴なども求められます。これも、以前に架空の講演会に行ったことにした議員がいたからです。

しかし締め付けが厳しくなる一方で、「このままでは”議会に入りたい”という優秀な人材が来なくなってしまうのではないか?」という危機感を持っている議員もいるようです。

仮に若い人が議員になったとしても、生活保障は全く無いので、議員を辞めたら「唯の人」になってしまうわけです。ということは、結局怖くて議員を辞められないという現実もあるのではないでしょうか。

それにしても、議員に不正をさせないための、使いやすい方法…何か良い手は無いものでしょうか?一部の困った議員のために、真面目にやっている議員の方が面倒なことになるなんて、とても理不尽だと思います。


私は政務活動費では全く足りず、自分の報酬からもずいぶん捻出していますが、私にとっては議員活動であっても、政務活動費として認められていないものもあります。

例えば「郵送料」。
郵送料を充てる場合は、その中身を全て添付して報告しなければなりません。
私の場合、”増田かおると子どもの未来の会ニュース”や他のお知らせのチラシなども入れて郵送しますが、それは「政治活動」と見なされ政務活動費の使用が認められません。政務活動費は「調査」「議員活動の広報」などにしか使用できないからです。

郵送料は毎回10〜15万円ほどかかっているので、自分ももちろん出していますが足りず、皆さんからのカンパもありがたく使わせていただいています。

しかし…
議会の外から見ていた時と、議会に入ってからでは、感覚というか実態がまるで違っていて、そういう意味では貴重な経験をさせていただいています。

それにしても、議員の仕事は精神的にも肉体的にも大変だな〜と思います。40歳くらいの成熟した女性に出てほしいな!と思う一方で、誰彼構わず声をかけられないな〜とも思ったりしています。

« 初めての来賓挨拶 | トップページ | 平成29年6月議会の一般質問より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

頑張ってますね!八街は月額2万円で年24万円。広報紙を在職115ヵ月で133号。月刊紙として発行、ポステングしています。3月10日、突然政務活動費の運用指針が改正され、広報紙の議長への事前提出の義務化。政党活動、後援会活動、選挙活動に加え、新たに、議員個人の活動、私見が掲載されている広報紙は政務活動費の使用を認めないって。それも、昨年の4月に遡て適用。
6会派の内、広報紙を発行しているのは共産党年4回と、ひとり会派の改革クラブ、年12回以上。議会内で重大事件?が発生すれば翌日には発行しているだけに、何とか黙らせようと必死のようです。これからバトルが始まる予感。楽しみながらガンバリマス。

いつもありがとうございます
薫さんが市議でいるので、松戸市がより身近になり関心が持てるようになりました
私のような人達が多いのではないかと思います
だから薫さんのSNSでの発信にはいつも感謝しています
今の時代出産が遅い女性が多いので、40代の女性はちょうど子育ての真っ最中と言う方が多いでしょうから、難しいですよね
男性社会に主婦目線の女性議員がもっともっと増えて欲しいですが
それを支える私達のバックアップがしっかりしないとね

桜田様、
いつもありがとうございます。
おかげさまで何とか頑張っています!

政治って誰のためにあるの??と、つくづく思います。しかしこの状況を許しているのは、他ならぬ市民でもあります。自分自身への自戒も込めて、地域から平和で温かな社会を作っていくためにこの仕事を選んだのだから、頑張りたいなと思っています。

またお会いしましょう!

佐藤さま
いつも温かく見守ってくださって、本当にありがとうございます!
自分では「政治家」になったつもりはないのですが、現実そうらしい(笑)。なんて、こんなこと言ったら叱られてしまいそうですが、要は言いたいことは、「特別なものにしない」ってことです。
私自身もできるだけありのままでいたいと思っています。
もし「増田さん最近変わったよね」と思ったらいつでも言ってください!!!

あ、変わったといえば、ボリュームが増えたかも…笑

またお会いしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596633/65213840

この記事へのトラックバック一覧です: 政務活動費の報告書を提出して来ました!:

« 初めての来賓挨拶 | トップページ | 平成29年6月議会の一般質問より »