« 「学校の当たり前」をやめた麹町中学校 | トップページ | 画家の情熱を知った、恩師の最終講義 »

2019年2月26日 (火)

却下された陳情

【却下された陳情】

 

松戸市3月議会に市民から陳情された3件の陳情は、すべて「審議しない」と、先週の議会運営委員会で決まりました。

 

うち2件は、矢切の耕地に関連するもので、開発賛成派と開発反対派の双方から提出されたものです。

物流施設が計画されている矢切の耕地は市街化調整区域であり、第1種農地。松戸市が許可を出さなければ建設できません。松戸市は、2020年に切り替えを迎える“都市計画マスタープラン”を策定中のため、判断を避けたと受け止めています。しかし、矢切の耕地について議員同士で話し合う良い機会だと思ったのに、と思うととても残念でした。

 

もう一つは、松戸市が市施行で検討している、新松戸東口の区画整理事業に反対する地権者から提出されたものです。

「同様の議案が提出されている場合は、陳情は受け付けない」ことになっているそうです。

しかし、対象の半分近くを所有しているこの地権者はこれまでに「条例の上程をしないで欲しい」と市長にもまちづくり課にも訴えていたのにガン無視された形です。そもそも、地権者に合意を取り付けてから議会に持ってくるのが筋なんじゃないでしょうか。

反対している地権者の方は、100年も新松戸駅東口に暮らしてきた大切な市民。市は人の土地を使って区画整理事業をするのだから、丁寧に慎重に進めて欲しい。ちなみにこの反対している地権者は、区画整理事業の対象とちの50%近くの土地をお持ちです。

これを無視して進めることを、まさか議会も承認するつもりなのでしょうか。

« 「学校の当たり前」をやめた麹町中学校 | トップページ | 画家の情熱を知った、恩師の最終講義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 却下された陳情:

« 「学校の当たり前」をやめた麹町中学校 | トップページ | 画家の情熱を知った、恩師の最終講義 »