« 2019年度予算に対する怒りの討論 | トップページ | 男女共同参画推進法の自主学習会に参加 »

2019年5月 6日 (月)

松戸憲法記念日に参加してきました

毎年5月3日に開かれる松戸憲法記念日のつどい、今年は珍しく3日は市民会館ホールがふさがっていたらしく、5日になりました。

お話は元文部科学省事務次官、前川喜平さん。軽快で柔らかな語り口、すっかり引き込まれて、あっという間の2時間でした。

前川さんのお話ならもっと聞いていても良かったなぁ〜。

憲法に保障されている「個人の尊厳」=誰もが大事にされる、ということが、大きな危機なのだなと改めて思いました。

日本国憲法前文は格調高く、広い世界観に立っていて本当に素晴らしい文章だと思います。特に平和憲法と言われる所以である9条は世界の宝もの。大切に未来につなげていきたいです。

………………………………………………………………

 

前川喜平さんのお話 2019.5.5@松戸市民会館ホール


安保法制の時「いくらなんでもおかしい!」と思い、SEALDsの若者たちとコールした
他人のケンカを買うのが集団的自衛権、おかし過ぎる、余計な怨みを買うはず。
アメリカと共に戦争する=世界中と戦争するという意味
安倍政権は戦前回帰思考、昔の國體(こくたい:国家の状態=国柄)である。
元号について、令和を“beautiful harmony”と説明した安倍さん。和=日本のこと、実は「美しい日本」という意味なのではないか?
国柄、と説明した安倍総理、もはや国柄という言葉は死後だ。日本国憲法は人類普遍の原理なのだ。
過去の戦争で戦争は違法行為だ、と学んだ。「武力の行使」「武力の威嚇」どちらもやらないことが国連憲章に盛り込まれた。日本はそれをいち早く日本国憲法に取り入れた。
天皇を神と崇める思想の国家観、國體(こくたい)とはそういうものから来ている。「こういう国に仕えられる国民は幸せである」「国民よりも国が大事である」という国家観に基づいている。

憲法になぞり教育基本法に保障されていた「個人の尊厳」。改定後はバッサリ無くなり、教育は法律で定められるもの、未来を切り拓く教育へと変わった。
名古屋市で講演した時、政治家が介入した。教育を犯す行為だ。名古屋市教育委員会は毅然と対応した。

憲法を犯すような動き…例えば道徳教育、性教育。
性教育については、すでに判例が出ている。
2011年、七尾特別支援学校の事案。
知的障害の子どもに対して行った性教育。自分と他人の違い、自分を大切にすることを、手作り教材を使って教育していたが、ある都議が取り上げて非難した。
判例では「教育に対する違法な行為だ」と賠償命令。また「政治からの介入があった時、教育委員会は拒否しなければならない。その義務を怠った。」と都の教育委員会にも賠償責任があると判決を下した。
安倍総理たちは歴史"修正"主義者じゃなく歴史"改ざん"主義者であろうと思っている。

2006年、安倍さんが総理に。忖度した文科省は教科書検定を捻じ曲げた。やってはならないことだった。それ以前は検定を通っていた「沖縄戦」の内容を通さなくした。沖縄県では大きな集会が開かれた。
翁長知事が「イデオロギーよりもアイデンティティ」と変わったのはこの時。

「忖度」はあらゆる場所で起きている。例えば9条俳句の展示取り止め。
中立性、という言葉は安倍政権に都合よく使われている。メディアも萎縮している。
しかし「嘘つき」と「真実」で、中立性は成り立たない。

道徳教科書に「お辞儀の仕方」が載っている。①同時に挨拶、②挨拶してからお辞儀、③お辞儀をしてから挨拶…正解は②。これが本当に大事なことだろうか。

個人の尊厳が守られていない今の教科書、非常に危険だ。
国家は憲法を侵してはいけない
次の教育指導要領の改定時に「天皇を敬え」と入るかもしれないと疑っている。


アメリカのホロコースト博物館、政治学者ローレンス・ブリット博士による『ファシズムの初期の兆候』が書かれている。


・強力で継続的なナショナリズム
・人権の軽視
・団結の目的のため敵国を設定
・軍事優先(軍隊の優越性)
・はびこる性差別
・マスメディアのコントロール
・安全保障強化への異常な執着
・宗教と政治の一体化
・企業の力の保護
・抑圧される労働者
・知性や芸術の軽視
・刑罰強化への執着
・身びいきの蔓延や腐敗(汚職)
・詐欺的な選挙

これって、ほとんど安倍政権に当てはまるのではないか!?

阿部自民党の憲法案26条3項には毒が含まれている。
安倍政権が設置している給付型奨学金のワナ:給付型奨学金を受ける条件に、進学先の大学が指定されている。産業界に都合のいい大学。

しかし、国の利益にならない学問があっていいのである。

ユネスコ憲章全文には、「戦争は人の心の中に生まれる」ことが書かれている。
http://www.unesco.or.jp/sanda/kensho/
ドイツとフランスは歴史教科書を共同で作っている。お互いを理解し合おうとする試み。

加計学園、四国で今治市だけ広島県とセットで特区になっている。おかしいでしょう。

学力テストとは、新自由主義的な考え方、競争させよう、成果主義を教育に入れようという動きだった。実は当時、文科省官僚の多くは学力テストには反対だった。学力テストは子どもをダメにする、という考え方が代々受け継がれていた。抽出テストで十分、今でもそう思っている。

学力テストは強制ではない。
愛知県犬山市は加わらなかったが、文科省からは何も言っていない。
学力テストを行うかどうかは、各教育委員会で決められる。

質問タイムより1点
Q:学力テストについて、やらなければならないのか?
A:地方公共団体法上、自治事務、法定受託事務が発生する。
学校教育は自治事務、自分で決めていい!
文科省は法律に定められた範囲内でしか指導できない。

 

« 2019年度予算に対する怒りの討論 | トップページ | 男女共同参画推進法の自主学習会に参加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年度予算に対する怒りの討論 | トップページ | 男女共同参画推進法の自主学習会に参加 »