« 男女共同参画推進法の自主学習会に参加 | トップページ | 9月議会が終わりました »

2019年7月29日 (月)

「ひきこもりと向き合う」と題した講演会

引きこもりと向き合う 家族や周りの人へのヒント ’19.7.27 @稔台市民センター

主催:ひきこもり応援ネット https://hikikomoriouen.wixsite.com/hikikomori-ouennet

 

(途中から参加)

ひきこもり家族自助会 とやま大地の会 山岡和夫さん

●地域で生きていくために重要なこと

 まずは経済的安定、その上に社会制度、居場所、役割、互助活動が必要

 

●引きこもり→居場所→就労、という絵を描く人がいるが少し気をつけなければならない。

 

●なぜ「家族会」が長く続いているのか?

安心できる居場所=唄える、話せる、泣ける、笑える、愚痴を言える、聴いてくれる…

関わりは家族以上にもなるので、抵抗なく相談できる

会員の「助けて」の声には、ピアサポーターとして関わる

 

アメリカ、ドイツ、スウェーデン、日本の意識調査

 困った時に頼れる存在は?

 頼れる相手は友人・近所の人、どちらも日本の割合が高く1位、

 頼れる相手は誰もいない、は最下位。つまりいないということ。

 

 

高岡つくしの会(富山県 家族の会) 宮川和恵(きよえ)さん

 

2003年3月、一軒家の提供、自治体の理解、

まずは家族が元気にならないといけない。

同日に親子別々に集まる。

「居場所がなかった」の当事者の声。居場所で友達ができる。

現状を何とかしたい、先のことを見つけたい。

仕事を探した。

親同士のつながりができ、とても良い活動だったが、一方でこどもに悪いような気がしていた。

山形でも同じような動きが。

独居の高齢者の問題も。

家庭の事情を抱えていることも多い。例:介護を抱えていてひきこもりの息子のことに取り組めていない、など。こういうご家庭は、学んできた通りには難しい。親が子どもに寄り添うとはどういうことなのか、大事な学び。

「どんなことがあっても味方だよ」というメッセージを発する。

個々の状態は違うので、一人ひとりに合わせて支援を考える。

一歩を踏み出すまでには非常に時間がかかる。

 

フリースペース ふきのとう「おーい中村くん」0956768131 とても良い本との紹介。

 

質問&意見タイム

1、高額なカウンセリングの問題…親が専門家に我が子をなんとかしてほしいという気持ちを利用されてしまう?大事なのは本人の気持ち。

 

2、抵抗感なくひきこもりの息子と話すには?…当人から学ぶことがたくさんある。「分らなければ本人に聴け」という話もある。

 経験者当人が現在ひきこもっている辛い話を聴く場合、トラウマが起こることもあるが一見しただけでは分からない。

 親だからこそ(関係が近すぎて)支援が難しい場合もある。

 

3、生きづらプロジェクト(?)

 料理&食事をする集まりについて教えてほしい…つくしの会では、子どもよりも大人自身が元気になろう、と、作って楽しく食べている。

 

4、よっといで!(松戸市内の自助グループ)の事例 http://yottoideyo.web.fc2.com/

 31歳の男性。オンラインゲームで知り合った外国人の友達が日本に遊びに来ることに。会いたいと言うが断れない。とうとう友達は松戸まで来てもらうことにした。外国から来た友人は日本語が分からないのでレストランで注文も自分でしなければならない、案内も。帰宅した時にはグッタリだったが、それをきっかけに徐々に外に出られるようになってきたみたいだ。何かきっかけになるか分からない。

 

5、ひきこもっている子どもが食事を摂らない、とても心配→会場から:自分の場合は、子どもは食べなくなったら1週間全く食べない。でも水分を欲するようで、摂りに来る。とりあえず水分さえ取っていれば大丈夫。冷蔵庫にはウィダーインゼリーとか、冷凍庫にはアイスクリーム。そして家族分を入れておく。子どもだけ特別にしていないと言うメッセージ。

 

6、初めて子どもがひきこもった場合、親はまず何をすれば良い?

→ひだまりでは、小中高、卒業後の人も。親の会は月に一度。不登校問題を考える東葛の会 ひだまり http://hidamari0501.web.fc2.com/

 

<感想>

ひきこもりは全国に61万人いると推定されました。

不登校の児童生徒は全国に14万人います。

これは個人の問題ではないと思います。

最近、凶悪な事件を起こしたのが「ひきこもり状態の人だった」とニュースで報道され、偏見が広がるのではないかと心配しています。

不登校の子どもが親に暴力を振るうシーンも、学園もので見たりしますが、そう単純な話ではないと思うのです。

 

私の息子は現在高3ですが、彼は中学校にほとんど行けなかった不登校生徒でした。

ある校長は「長期の不登校は学習を絶対に取り戻せない」と言いました。

本当でしょうか?

そんな風に考える人が教育者であることに大きな悲しみを覚えます。

 

松戸市の不登校の児童生徒は、一昨年度486人→昨年度602人に増えました。

学校のシステム、仕組みが、もはや時代に合ってきていないのではないかと感じています。

 

不登校・ひきこもり、これからも重要なテーマとして扱っていきます。

« 男女共同参画推進法の自主学習会に参加 | トップページ | 9月議会が終わりました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男女共同参画推進法の自主学習会に参加 | トップページ | 9月議会が終わりました »