« 子どものSOS見えますか〜不登校、青年の生きづらさ、どう理解しますか〜 に参加して | トップページ | 戦争と女性 »

2019年11月 6日 (水)

京さんが亡くなって1年…

昨日11月5日は、先輩議員だった中田京さんが亡くなった命日でした。

とても個性が強くて(アクが強い、と言った方が良いかも??)、好かれ

るか嫌われるか極端な女性でしたが、私は大好きでしたし、とても良くし

てもらいました。

生前に”樹木葬”について一般質問していたから、と、京さんお兄さん

松戸市内で樹木葬をしてくれる墓地を探したんですって。

 

京さんは、何時ごろ旅だったんだろう…

そう思うのと同時に、なんてカッコ良すぎる去り方なんだろう!?

だって、現役の議員で、誰にも看取られず、あっさりと…

葬儀には、市長以下3役くらいしか参列せず、ほとんどの人が最期のお

別れをしていないんです。

もちろん私もですけど。

まあ…取り残されたような周囲の京さんファンは、みんな

「そりゃないよ!京さん」

て、思いましたけどね…

 

あまりにも突然だったから、市役所内では「自殺したらしい」なんてウ

サもあったんですって。

うーん、それは正直京さんに失礼だよな〜って思ってしまったけど。

 

私が初めて議員になった時、京さんと私しか無所属の女性議員がいなく

「良かったら一緒に報告会しませんか?」と京さんから誘ってくれた

のです。長年議員を経験してきたベテランと私みたいなシロウトが一緒

に、なんて話にならないんじゃない??と思いながらも、断る理由もな

く、お受することにしました。

第一回目、どうして議員になったか、何をしたいか、など基本的なことを

話しました。やっぱり緊張していたかな〜…でも、参加してくれた人から

は「ボケとツッコミ、漫才みたい」と言ってもらって、楽しんでくれ

たいでした。

で、選挙前の6月議会まで全部で12回、議会漫才??やりました笑

  
毎回とっても楽しかったですよ(京さんが8〜9割話してたかもしれない

けど!)。

 

あっという間に1年が過ぎたけど、お墓の前ではやっぱり寂しくて泣いて

しまった。たったの4年しか一緒に過ごさなかったのに、京さんがこんな

に私にとって大きな存在になっていたことに亡くなるまで気付かなかった

です。そういう意味でも不思議な女性だったかもな…

 

私が去年、京さんの訃報を知ったのは、京さんが亡くなった翌々日の

11月7日。

夜、メールをチェックしたら、議会事務局からのメールを見つけて、飛び

上がるほど驚き、泣き崩れのです。その晩は泣き明かし、翌日の活動

全くできませんでした。さらにその4日後からは、にとって2回目の

選挙が始まったのですが、一ヵ月前の右手の指三本の骨折と、さん

急逝のショックが重なり、心身ともにボロボロ、散々な選挙になり

ました。

 

何しろ声が出ない。お腹に全然力が入らないんです。油断すると涙が出

ので堪え続けていましたし。

そして集中力が全く無い。近くでスタッフの人が話す声で頭が混乱して

何を話しているのか分からなくなってしまう。

 

こんなことで私は議会に戻れるのだろうか…

内心、とても不安でした。議員活動は相当がんばってきたつもりでした

選挙は議員活動と必ずしもイコールにならないものなので…

それに、私は全く覚えていないのですが、私、だいぶピリピリしていた

うです。多分、私は滅多に怒らない性格だと思っていますが(議員と

してはダメかもしれないんですけど汗)、もしかしたら…

いいえ、やはり自分では全く思い出せません。

 

結果は…幸いにも何とか当選させていただきましたが、理由はともかく

私を通して社会を変えようと、4年間ポスティング等を通じて支援して

いただいた皆さんの期待に応えるほどの結果を出せず、本当に申し

い気持ちでした。そして、こんなにボロボロの選挙でしたが、私の

1期目の活動を支持してくださった有権者の方々には感謝の気持ちで

いっぱいでした。

 

選挙が終わったら飲もうね、と、京さんと約束していたけど、それは

わなかったね。ホントに残念だったな…

あ〜、京さんと飲むの、楽しかったんだけどなぁ。

まだまだ教えて欲しいことが山のようにあったのに。

 

今でも、京さんだったら、どんな判断するだろうな、とたびたび思う。

でも、もういない…

 

この先も自分が信じるように活動するね。

京さんにとってはすごく不安だろうけど(!)

見守っていてね、京さん。

« 子どものSOS見えますか〜不登校、青年の生きづらさ、どう理解しますか〜 に参加して | トップページ | 戦争と女性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どものSOS見えますか〜不登校、青年の生きづらさ、どう理解しますか〜 に参加して | トップページ | 戦争と女性 »