« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月22日 (日)

イベント”プラスチック問題から考えるサーキュラーエコノミー”報告!

”プラスチックの問題から考えるサーキュラーエコノミー”というイベントに参加しました。
とても良かったので、ちょっと長いですが良かったら最後までお読みください♬
武本国弘さん 環境活動家
地球上から、すでに7割のサンゴ礁が消えた。沖縄本島からは9割以上が。
八重山諸島に少し残っている。
気候変動の影響は凄まじい。
5月の八丈島の水温は32度、最近ずっと暖かい。だから海上竜巻も。
しかし政治的危機が最も心配。
日本中の海で"磯焼け"が起きている。
26トンあるテトラポットが防波堤に打ち上げられ、台風の強さが増していることがわかる。
葉山の湘南道路も、いずれ無くなるだろう。
気候変動ではなく「気候危機」である。
このままでは2030年を待たずに地球は「臨界期」を迎えてしまう。
今、どんなに海がひどい状態か、知らせたい。
石炭火力発電、96基、建設中22基
日本は環境破壊大国である。
実質賃金指数、世界で日本だけが下がっている。
で、海洋プラスチック問題。
父島、パラオ、海岸はプラスチックゴミだらけ。海上にもペットボトル、バケツ…
海水にはマイクロプラスチックたくさん。プランクトンに
EUで禁止になっている"可塑剤"が問題。
葉山市の素晴らしいゴミ取り組み
 
最近生協からの講演依頼があり、生活者が世の中を変えるかもしれない…で、プラスチックフリーの店「Papalagi」を始めた。
ベスト、ベター、
バンブーファイバーのカップ
バナナペーパーで作られたボールペン、絵葉書、帽子、藝大の卒業証書
生分解性の洗剤を量り売り
ヌードストア(包装しない野菜)→有機無農薬野菜を出来るだけ3日以内に売る
近くで物を仕入れる=排出量削減する
LUSHは進んでいる
ブーメランバッグ(不要の紙袋を店頭に置き、買ったものを入れて帰って良い。次回来たときにそこに返すこともできる)
給水スポット運動
室内仕上げは全て非化学物質。接着剤は米。
大学生「環境の話をすると"神経質だ"と言われる」
1人で出来ることはたくさんあるが、追いつかない。行動提案
しかし、それにしても時間が無い。あと8年しかないのだ!
知ることが希望!
……………
グリンピース 大館弘昌さん
プラスチック汚染とは
気候変動への影響、プラスチックが増えるほど影響が出る
国際的廃プラスチック取引、日本は世界第2位…その先どうなっているか?
行き場を失う廃プラスチック
中国が輸入禁止→マレーシアベトナム→禁止?→⁇
グローバルビジネスとプラスチック問題
ブレークフリーフロムプラスチック
世界400ヶ国以上で清掃活動とブランド調査
今年は9月、大磯町で。
ビジネスとプラスチック汚染の繋がり→コカコーラ、ネッスル、ペプシコ…
まやかしの解決策
1、リサイクル向上
2、代替品
世界でこれまでに生産されたプラスチックの9%しかリサイクルされていない。
リサイクル「出来る」とリサイクル「される」は違う
熱回収57%、様々ごまかしがあり、8割がリサイクルされているかのように見せかけてきた。→マテリアルリサイクルされるプラごみ66.8%が輸出されている。
しかし…
プラスチックから紙へ移行すれば良いか?→森林破壊に繋がるかもしれない
植物由来・生分解性プラスチック
海に流れると食品汚染に繋がるかもしれない
サーキュラーエコノミー
循環
循環するには長い道のり
増えるプラスチック包装、2050年までには今の4倍になる?
クローズドループ?
解決策は?
1、削減
2、再利用&詰め替え
パッケージの要らない青果売り場
果物や野菜に直接ラベリング(スペイン)
ミストを利用した冷蔵システムにより野菜を裸売り
チリで広がる量り売りネットワーク、リユース出来る容器を何度も使う。街中を電気自動車の移動販売車が走り、スマホとも連動する
間も無く日本で展開する会社も
不要な使い捨て包装を大幅に減らす
使い捨て包装の要らない商品デザインや販売方法を導入
大手企業がこれをビジネスチャンスとして捉えて欲しい。大きな可能性。
「スマートスーパーマーケット」報告書、本日販売
みんなでリユース革命を起こそう!
一団体では変えられない。みんなの力で!
…………………
ビーガン料理を作っている
サスティナブル学という学問を学ぶ
チームメンバー、パートナー、お客様、環境、に優しくなれるか?
経済合理性を最優先しない、パートナーシップの構築
家族に食べさせるものをお客様に提供
フードロスを出さないために店舗では日替わり、お任せメニューのみ、お客様に選ばせない。国産食材(野菜は関東近郊)、割り箸は国産間伐材、ケータリングの備品をプラスチックから紙と木に移行中、個包装のおしぼり→BOXウェットティッシュ併用、マイお弁当箱導入予定(2020年1月)←容器を販売
……………
[トークセッションタイム]
しかし商売は難しい…
日本人の潔癖症は敵だ!
誰が触ったか分からないものを嫌がる人が多い。しかし火力発電所の方がよほど汚いのに!
葉山町では、戸別収集に変えただけで35%ゴミが減った。自治体の力、頑張りは実はすごいものがあるのだ!
*会場から*
①頑張ってもプラスチックゴミが出るのがストレス。アドバイスください。
→もう十分やられているので、苦しくなるまでやるのは違うかなと思う。自分だけの問題ではないのだから、もっとシェアしてみよう。
(グリーンピース)日本では政府や企業への信頼度が高いが、ヨーロッパではNGOの信頼度が高い。だから日本では7,000人のサポーター、ドイツでは60万人…
日本の空港で「グリーンピース」と名乗ると、別室で5時間足止めされる。他の国では見ない現象。
ユニクロ(ファーストリテアリング)らとファストファッションの負荷が大きくなっていた。それを変えていこうというデトックスアクションが2011年から続いている。
いかにスピーディに科学的に効果的に戦略的に進めるか?グリーンピースにはグローバル団体として求められている。
しかし常に見直していくことが大事。
② 衣服のリユースをする市民団体のスタッフ
リユースはどうか?
海外で良く見るのは給水所。
マイ水というアプリも登場している。
独居高齢者の出すプラゴミが問題。
企業にこそ期待したい。企業が変わらないと変えられない。
日本サスティナブルコーヒー、
フェアトレード、サスティナブル、そんな言葉を出すだけで拒絶された経験。
ファイトするだけじゃダメ。
*感想*
今日は、自治体から出来る廃プラスチック&気候変動問題のヒントが無いかと考え、参加した。スピーカーの武本さんが「自治体の力はすごい」と仰ったことが非常に嬉しかったし、開眼させてくれた。
松戸市も"サスティナブルな自治体"に仲間入りしよう!
葉山町にも視察に行きたいと思う。

2019年12月16日 (月)

子どもの声からはじめよう

先日参加した講演会のメモ、毎度長いですが……
お話は、虐待当事者だった中学校の先生です。
文章の感覚を開けたいのですが、何故ができません。
とても読みづらくてすみません汗
………………………………………………………………
子どもの声からはじめよう〜虐待・社会的養護の当事者に学ぶ〜 2019.12.7
基調講演
千葉私立星久喜中学校
千葉県生実学校内分教室
中学校教諭 川瀬 信一氏より
そだちとすだち プロジェクト
一番小さな時の記憶は掃除機
しかし次の記憶はゴミ屋敷になっている家。
後から知ったが、この頃母親は精神疾患だった。やがて虐待が始まった。
友達の誕生会、帰宅が遅くなり、母親が激怒。珍しく料理していたシチューの鍋を頭からかけられる。
翌日学校に行ったら、流石に担任が気づき通報。一時保護。
帰宅したが以前とは変わらず…
家にいたくなくて、度々近所のゲームセンター(個人経営)に、閉店する12時まで居た。
父親が迎えに来て、母親が寝静まってから帰る毎日。父親は母親からDVを受けていた。
友達の家は様々だった。
行くことはあっても呼ぶことはない。
小6の頃、それがおかしい、ヤバい、と気付く。
そんな時、児童相談所から
里親がいい?施設がいい?
と聞かれる。
友達を呼べる方がいいので、里親を選んだ。
実子はなく、大事にしてくれた。
家族の一員として役割を与えてくれた。
が、雨戸を閉めること、花への水やりが出来なかった。
役割を果たせないし、迷惑をかけている自分、段々自信を失った。
「あなたが来てから水道代が2倍になった!」とすごい剣幕。元の家はゴミだらけ、水道の蛇口の構造が
学区外の中学校に通い、友達ゼロからのスタート。流行りのシャープペン、欲しかったのだが里親さんに言えない。
お金を盗む、万引きをする、補導。
里親さんから「もう預かれない」と断られてしまう。
児童心理司と、うまくいかなかった理由を振り返り。
生活習慣がない、訓練されていない。
→児童自立支援施設に。
そこには、問題行動の子どもがたくさんいるが、皆んな、育ちの過程で身につけられなかった子どもたち。
悪い子、と思わないで。
意見聴取から始まるソーシャルワーク。
里親さんとの不調の経験を振り返ることができた。どちらがいいか決めさせてもらったことは良かった。だからこそ振り返ることができた。
野田市の心愛ちゃんの虐待死。
学校アンケートに書かれたSOS、
一体どれくらい大切に考えられていたのだろう?
虐待相談の件数、うなぎのぼり。
虐待数とは一致しない。
児童福祉司、休職率は教員の4倍。過酷な実態。問題点を洗い出して、上手くいかなくなった原因を補強しなければならない。
子どもの声からはじめよう、
子どもは何を望んでいるのか。
アドボカシー、という言葉。カナダ、イギリス、児童の声を聞いて施策に反映
昨年から
「子どもの声からはじめよう」
という勉強会を始めている。
小さな子どもが発する「家に帰りたくない」は、児童相談所では聞き入れられずに虐待死した船戸結愛ちゃん。
アドボケイト(advocate)の役割
子どもの立場になって、アドバイスくれたり、支援と繋げてくれたり、場合によっては闘ってくれる。
子どもアドボカシー=マイクになること。
*セルフアドボカシー
困難に直面している人
*差別への異議申し立て
大人の仕組み
*ライフスタイル
何を望んでいるのか
*子どもは権利行使の主体
この見方が出来ない限り
子どもアドボカシーの原則、6つの原則がある。
一例→知られたくない事情を信頼して話したら、翌日には全員知っていた。その瞬間、全ての大人を信頼できなくなった子ども。
講座を開催しているので宜しければ。
アドボカシージグソー
フォーマルアドボカシー…公的機関のアドボカシー
ピアアドボカシー…自助グループのアドボカシー(同じ立場のアドボカシー)
インフォーマルアドボカシー…
など
子どもの声を聴く、
①目の前の子どもの声を聴く
②子ども・若者の声を施策に反映させる
プロセス
意見聴取→意見形成支援→意見表明支援→施設からの意見・情報→子どもへの情報提供→意見聴取…
アドボカシーシステムの構築に向けて
子どもの権利条約、意見表明は言葉だけとは限らない。泣く、絵で訴える、なども。
国でもこの仕組みを構築しようという動き。
イギリスではすでに制度化。
虐待を機に、
この数年で劇的に変化、
アドボカシーは行政から独立していること。
アドボカシーシステム導入のメリット
一時保護、過程復帰、措置先への適応を促進する
権利侵害事案の早期発見
ケアからの自立、社会適応促進
市民参画、地域教育力の向上(穏やかな社会的養護)
当事者ね参加・参画の推進
虐待家庭に触れちゃいけない?という感覚があるかもしれないが、社会(近所)の見守り、支えが必要。地域のパワーにも。
お互いをチェックするような社会になりつつなっていないか?
監視されたら隠そうとする心理が働く。
繋がっている地域を構築し直す必要があるかもしれない。
…………………….
厚生労働省 子ども家庭局 家庭福祉課 社会的養護専門官 胡内 敦司氏
川瀬先生の話を制度的に。
児童相談所に通報があったら、家庭訪問、親と離すべきかを判断する。
平成29年
全国13万件の相談、
21,268人が一時保護、
施設や里親に4,579人
全体の3.5%が施設に入る。
逆に言えば、96%の子どもがリスクを抱えたまま自宅に戻って生活している。
2016年、児童福祉法改正、連絡先に自治体が加わった。
地域がどうなっていけば良いのか?
犯人探しだけで終わらせてはいけない。心配な家族へ声がけ。或いはその子どもに声がけ。
子どもの権利条約、30年前に国連で採択され、日本は25年前に批准。
その理念が児童福祉法に盛り込まれた。
子どもの貧困対策に関する法律も5年経ち改定された。
旧:子どもは等しくその権利を「保証され」→受け身だった。
子どもが意見を言えない場合、子どもの声を汲み取る。大事なことは子ども自身の声。
自己決定→自立へ。
赤ちゃんが泣く。それも意見表明。泣く理由がある。
児童虐待防止法
3-⑤、権利養護のあり方を2年のうちに考えていきましょう、と
各々の立場で最善の力になることが大事
子ども・子育て支援新制度と社会的養護
様々な機関があり、専門家がいる。それらを制度で分担するのはもったいない。
どこに相談しても繋ぐ、という組織体系を。
…………………
トークセッション
過去を離すことについて。
中学校の時は、施設から通っているのが恥ずかしかったので不登校だった。高校は通う範囲が広がり、生き生きできた。大学では更に。プラス、様々な立場の人や生き方があることを授業で知り、自分のことを相対的に知ることができた。
電車の中で、母親が子どもを叱りつけている場面、周りはどうすればいいか?
案外実践は難しい。
けれど、トライしていけたら変わっていく。

選挙で野党議員を増やさなければ、結局社会を変えることはできない。

以下は、集会のメモです。やや堅い内容ですが、あまりにも不健全な今の政治を変えるには、どうしても選挙で野党議員を一人でも増やさなければなりません。でも、選んでもらうためには魅力的な政策が必要。

政治は未来を創りますから、子どもの将来、結婚後、老後の生活…誰の生活にも関わって来るんですよね。

私たちは大人として、子どもたちの未来に責任が取れるでしょうか。

………………………………………………………………………………………

野党連合政権協議の促進をめざす 12・15学習・交流集会 

@松戸市民会館301号室

 

講演:市民と野党の共闘の発展と展望~参院選の結果が示したこと~ 渡辺治さん(一橋大学名誉教授、「九条の会」事務局)

 

先の参議院議員選挙で辛うじて改憲勢力を破(わ)ることが出来たが、大幅割れには出来なかった。

「改憲できない」と安倍首相に思わせることまでは出来なかった。

 

この間の参院選は何だったのか?考えていきたい。

 

自民党は結党時から「改憲」を掲げてきた政党である。しかしこれまで一度も争点になったことはない。選挙の時に掲げて特になることはないからだ。選挙では必ず隠した上で臨んできた。

しかし憲法を言わざるを得なくなった。なぜか?

 

3年前に衆議院では「3分の2」すでに取っていた。

しかし参議院は過半数に届かなかった。’13の参議院議員選挙で圧勝した。自民・公明・維新…

‘16の参院選の前に強行した「安保法」により、野党共闘が何十年ぶりに出来た。

 

’14.12に総がかりが。初めは政党同士難しかったが、総がかりが橋渡しをする形で出来上がっていった。毎木曜日に官邸前行動。

 

60年安保の岸内閣を倒した時でさえ野党は協力したが、選挙まで一緒に闘うことはなかった。’16の参院選で32の1人区で11人の野党共闘候補が当選した。

 

’17.5のビデオメッセージでは、9条の1項・2項はそのままで加憲する案を提案。これは公明党の案。しかし野党共闘の前に憲法審査会に提案することさえ出来なかった。

そのまま改選を迎えた。

 

安倍さんはこれで諦めるかと思えば案外元気である。

3分の2まで4人足りないだけなので、何とかなると考えた可能性。

 

安倍さんの演説で14%改憲について話した。本人は必死だった。しかし周囲の議員、例えば小泉進次郎さんも公明党山口那津男さんも全く話していない。維新もしかり。

共産党党首は終盤になるほど、社民党も4割ほど憲法問題に触れ、問題意識を煽った。

枝野さんは全く触れていない。

 

しかし出口調査で憲法について意識した割合は伸びていない。

安倍さんも野党もどちらも成功したとは言えない。

 

しかし国民にとって、アベノミクス、景気問題の方が関心が高かったのではないか。

 

この期間に7回もの選挙を行った政権は無かった。これだけの長期政権は無かったから。

小泉政権でさえ4回の選挙、2勝2敗。

 

自民党から離れた地方を再び自民党に戻したことが安倍さん勝利の鍵。地方に湯水のように税金を流し、公共事業に投じた。田中角栄さんと同じ手法。新幹線を通した、通ることが良いことではなく、それにより10年は出稼ぎに行かなくても良くなった。

 

これが圧勝する理由だった。

 

安倍さん、トランプ、周きんぺい揃って法人税を下げる競争。

小泉さんはグローバル企業を支えるために、地方への投資を絞った。その結果地方が疲弊する。さらに平成の大合併…

 

そして自民党40%以上の得票率獲得した県は、2009~2010年にゼロに。

 

小泉さんは麻酔をせず外科手術、

安倍さんはカンフル剤を打ち、少し元気になったところで間髪入れずに外科手術

みたいな感じ

 

北陸新幹線、山口県忖度道路、など税金を大量投入。

結果、2013年選挙では自民党40%以上の得票率獲得した県は19県に復活…

 

鹿島建設、宮城県で3回儲けている。

ギネスに載った防波堤、3・11で壊れた防波堤を再建し、さらに巨大な防波堤…

地方の産業が壊れているので、本心では疑問があっても、これがなければ生きていかれない、仕方なく支持しているという現状。

 

都心部では外科手術が効いている。

 

安倍政権の政治が悪いことは国民は分かっている。しかし変わるのが何か?見えてこない。

 

秋田県、イージス・アショア、前回の選挙で6%増やしている現実。野党の伸び率よりも自民党の伸び率の方が高い。

 

参院選の特徴は「投票率の激減」。

安倍政権は嫌だが他に選択肢が無いというのが理由。安倍政権に対する不信感があっても代替政党があれば選挙に行く。

 

しかしデータから、個々の政党には投票しないが、野党共闘候補には投票に行っている。山形県、岩手県、秋田県、新潟県、長野県、愛媛県、滋賀県では投票率が高く、野党共闘候補が自民党候補に競り勝っている。

 

この3年間、自民党・公明党の得票率は伸びている。各野党政党の得票率は減っている。

しかし、野党共闘だと話は違う。’16参院選、17衆院選、秋田県では自民党候補者をひっくり返している(25.47%)。

新潟県、高知県でもかなりの追い上げをした。

 

そうは言っても市民連合は知られていない。では何故勝ったのかと言えば、活動家たちの力である。

 

’19.5.29市民連合との共通政策に初めて明示された2項目。

⑴ 辺野古の新基地建設

⑵ 消費税引き上げ中止

⑶ 原発?

民主党時代に決まった政策でなかなか合意できなかったが、これは市民連合の成果である。不動の土台。

 

安倍政治に代わる政治を示せるか!?市民連合に問われている。

憲法審査会にすら提出できなかった力を結集しよう。

 

どうやって経済を活性化させるのか、財源はどうするのか、分からない。この論点を反映させなければならない。日韓問題も然り。野党の一致は見られない。

 

 

後半<市民の立場から>

*千葉土建:労働環境(賃金が上がらない実態、アスベスト訴訟)の報告。平和活動。

*活かせ9条松戸ネット:思想信条の違いを超えて、憲法を守るという一点で協力し合っていきたいと16年前に結成した。安保方成立の時に、それまで政治運動に関わってこなかった団体も招き入れ、25団体の集まりになっている。主要駅で毎週地道に活動してきた。

*松戸市教職員組合:個人情報の関係で仕事の持ち帰りができないため、土日も出勤することがある。松戸市内14校の担任穴あき問題。産休・育休の穴埋めのために音楽の先生→教頭先生→校長先生……35人学級にできず、3クラスを2クラスにして授業したり、過労で倒れた教師が休みきれず出勤することまで起きている。

国語の時間、書かせる時間が多くなったため読解力が落ちた?変形時間労働性の問題。今でさえ時間が足りないのに。

*ジェンダー平等市民活動家:半世紀女性問題、’95の北京会議、’93に初めて「女性の人権は人権」と。カイロでの会議では女性の性と生殖の権利が確率。地球規模に広がってきた。行動綱領はアクションプラットホーム、前文に「女性が鍵」と書かれている。安倍政権はこの5年間全く取り組んでこなかった。被災地で活躍しているのはまさに女性。女性は変革の主体である。しかし意思決定の場に女性がいない!

*つながろう!千葉6区市民連合:松戸市では千葉県内では投票率成績は良い。ややもすると政党に忖度しかねないが、市民として要求していくべきだ。木更津に「オスプレイいらない」集会に行ったら、ブルーシートかけた家、ボロボロの家を見た。オスプレイ買うより復興を。韓国市民の運動のパワーを見習いたい。山梨県北杜市では市民の街宣車が活躍し、成績を上げている。松戸市でも!

*未来をつくる・7区市民連合:埼玉県では市民連合はできていないが野党候補が2名当選している。全選挙区で市民連合ができている県は千葉県だけ。党の言うことを待っているのではなく、市民発、自分たちが目指したい社会を論議していこう。

 

<政党から>

*立憲民主党:生方さんは決算委員会の長として今日は来られない。選挙で勝つには自民党に対抗する代替案を示さなければならない。1日も早く候補者を統一して進めてほしい。

*国民民主党:現政権の緊張感の無さ、傲慢さ。千葉県議会もしかり。自民党は絶対多数を占めており、全てのポストは自民党。野党が災害対策を批判したら委員長から質問を止められた。しかしマスコミが扱ったら一転して自民党が取り上げ、手柄も自分たち。国政も大事だが地方議会からも非常に大事だ。

*日本共産党:木更津市議会が暫定配備を進める役目を果たそうとしている。武器見本市で配布されたDSAIジャパンの冊子に「日本国憲法一部改正に伴い。自衛隊の海外派兵がしやすくなったこともあり」と書かれている。いつそんなことが決まったのか!

*新社会党:社会党が4つに分裂した時の一番左の党。安倍政権を打倒し、民主主義を取り戻したい。金太郎飴のような自民党政権を止めたい。振り返れば’14からずっと共に行動してきた。国民意識の問題もある。最長政権を作らせてしまった。若い世代の問題もある。壁を突破するのは生優しくはないが、ある時点で運動の質が変わるだろう。

*緑の党:腐った安倍政権の退陣を。世界ではグローバルグリーンズとして92か国に存在している党。6つの理念に則り行動している。中でも気候変動と貧困格差が大きい課題ではないか。自治体議員の賛同を求めている自治体非常事態宣言にぜひご参加を。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »