« 2020年1月 | トップページ

2020年3月 8日 (日)

新型コロナウイルスは、見えない亡霊だから怖い。見えるようにして!

こんにちは。

連日報道されている新型コロナウイルス。

毎日毎日、感染者が増えた話ばかり。

”新型”だから当然感染力は強いはず。でも、中には発症しない人もいる。

けど中には重篤化する人もいる。

では、季節型インフルエンザの威力と比べてどうなんだろう?

でも、どんな人が感染しているのか、重篤なのか軽いのか、

治った人はどれくらいの期間で治ったのか、

逆に治っていない人の状態は何なのか…???

 

あまりにも分からなくて漠然とした怖さがあるんだと思うんです。

 

松戸市では、安倍総理の突然の「学校休校要請」を受けて、

全ての小中学校を休校にし、加えて全ての公共施設を閉鎖にしました。

町会会館のような施設まで公共施設に準じた対応にしてほしいと

松戸市から要請があり、閉鎖されています。

 

私は、この措置は非常に疑問を持っています。

市民の自発的な行動まで制限するなんて!

 

ところで、議会事務局を通して、学校に登校している

児童生徒数について尋ねたところ、

36日 小学生590人、中学生4(特別支援学級のみ)

のみでした。

 

学校は特に混乱もなく、静かに自習していたり、適宜休み時間にして

校庭で鬼ごっこをしたり工夫しているらしいとのことでした。

 

しかし、つまり殆どの人が子どもを休ませているわけです。

仕事を休んだのか、誰かに面倒を見てもらっているのか

分かりませんが

春休みまで含めたら1ヶ月も子どもが休みというのは、

働く保護者がこんなに増えている中で

大変なことではないかと思っています。

学校では、事情があれば朝8時半〜午後3時まで子どもを預かる、

としているはずです。

連絡メールではどんな文章だったのでしょう?

やっぱり自宅で見なきゃダメなのかと思ったのか、

子どもが新型コロナウイルスに感染することを恐れたのか?

 

放課後児童クラブに行っている子どもが何人か

週明けに聞いてみるつもりですが、

通常から放課後児童クラブは満杯状態なので、

それはそれで新型コロナウイルスじゃなくても

感染リスクが高過ぎるので行かせたくないという声も聞きます。

 

学校休校は、何のエビデンス(根拠)もありません。

安倍総理が"要請"したのはギリギリ法に触れないのかもしれませんが

明らかに越権行為です。

学校休校に関して決めるのは「設置自治体」、つまり松戸市が

決めることです。

 

さてここで、公共施設閉鎖についての情報を貼り付けます。

Photo_20200308142501 Photo_20200308142502

しかし…私にはむしろ、ほぼ全国がこんなめちゃくちゃな、

総理の号令に従ってしまった事実の方が恐ろしいです。

 

安倍総理は(案の定)、インフルエンザ等特措法を利用して

改正しようとしているではありませんか!

"緊急事態条項"盛り込もうと企んでいるではありませんか()

新型コロナウイルスよりも緊急事態条項を

政権に渡す方がよっぽど恐ろしい…!!!

 

松戸市主催のイベントだけ中止するならまだしも、

公共施設を全て閉鎖し、自主的な市民活動、

市民生活まで制限するなんて、

どう考えてもやり過ぎだと私は思います。

子どもたちの居場所だけでなく、

サークル活動で公共施設を利用していた団体や

毎日図書館に通う高齢者、

市民団体が予定していた集会、

全てやめさせられています。

 

これは市民生活の破壊です!

 

緊急事態条項は、このような制限を

法律でできるように定めるものです。

 

私たち市民は、自分たちの行動は自分たちで判断

出来なければおかしいのです。

国や行政の役割は、単に恐怖をあおることではなく、

エビデンスに基づく正しい情報を提供し、

市民生活に可能な限り支障が出ないように計ることです。

 

先日、ほとんどの野党も賛成して”緊急事態宣言”を可能にした、

「新型インフルエンザ等対策特別措置法」。

緊急事態宣言をすれば、国民の自由や権利を

制限することが可能になります。

今回は発令されませんでしたが、安倍政権が

正しく使いこなせるのか?正直不安です…

新型コロナウイルス対策が性急な課題であったとは言え、

このような改正を非常に短時間の議論で決めてしまって

本当に良かったのか。

もっともっと慎重にすべきではなかったのか。

私は疑問を持っています。

 

ちなみに、新型コロナウイルスについて少し。

新型ゆえに感染力は強いのですが、死亡にまで至る例は

少ないと言われています。

季節型インフルエンザとほぼ同じか若干弱いウイルスだと

言われているので、用心は必要ですが、

必要以上に怖がることはありません。

手をまめに洗い、人混みを避けること。何より免疫力を

下げないように、よく寝ること。

新型コロナで亡くなっているのは殆ど、持病を持つ人や

高齢者と言われています。

一方、季節型インフルエンザでは、日本国内だけで

毎年3,000人が亡くなっているんです。

 

ご参考までに厚生労働省のサイト↓

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html

 

学校休校より前に、満員電車はどうすれば良いのかな

と思いますけどね…

 

間も無く、あの311から9年経ちますが、あの時

放射能の影響について殆ど報道せず、

メディアと御用学者を使って「放射能は怖くない」と

アピールしていましたよね?

事実は伝えてくれなかった。

それなのに今回は必要以上に怖がらせています。

あの時は民主党政権だったのかなと思いますが、要は、

政権ってそういうものなんでしょうかねえ…

 

問題の本質は、安倍総理(政権)がこの事態を

まんまと利用している"企み"ではないのだろうか?

と私は考えています。

« 2020年1月 | トップページ