« 我が子が不登校になったら?私の場合はこうでした<その4> | トップページ | 我が子が不登校になったら?私の場合はこうでした<その6> »

2022年4月28日 (木)

我が子が不登校になったら?私の場合はこうでした<その5>

(その5)

                           

②受験のこと

 子どもを良く観察し、状態を見て。

 

3年生の2学期、受験をどうするか

決めなければならない時期が来ました。

訪問相談担当教員の先生が

「受験の手続きは今日しないと間に合わない」

と言いに来てくれました。

私自身、息子を見ていて

「そろそろ背中を押す時期だ」と感じていたのですが、

まずは息子に任せようと見守っていました。

              

沈黙が40分続きました…

                         

とうとう、私の方が痺れを切らし

3部制の松戸南高校の受験を勧めました。

「これまでも家にいたんだから、落ちたらまた家に入れば良いわよ」

とか言って。

夫は埼玉県飯能市にある「自由の森学園」にしろ

とか言っていましたが、本人は

「自分が行く学校ではない」

とキッパリ言っていましたから、分かっていたんだと思います。

                         

松戸南高校は、不登校経験の生徒が大変多い学校です。

午前部、午後部、夜間部の3部があります。

中には午前部以外はスポーツに打ち込む生徒や、家庭の事情で

働きながら通う生徒もいます。

松戸南の教師は生徒のことを良く心得てくれていますし、

中学校の勉強をやり直しながらゆっくり進めてくれます。

単位制高校で、単位を多く取れば3年間で卒業することも

できます。 

                              

ただ、一般の大学進学は難しいかもしれませんね。

千葉商科大学への推薦など、枠は小さいですがありますから、

頑張る子はそういう手もあります。                                                       

 

息子は「日中誰にも会いたくない」という理由で

夜間部を受験することにしました。

 

外にほとんど出たことが無かったので、

受験の丸2日間、

どうなるかと思いましたが、

何とか切り抜けました。                          

付け焼き刃の勉強でしたが、

本番までの短期間、

緒に頑張りました。                                              

                      

余談ですが、

不登校の生徒が増えすぎていて、

せっかくその気になって松戸南高校を

受験しても落とされてしまう子が増えています。

また、生活困窮家庭も増えており、

定時制や3部制の高校は、

今こそ求められています。

千葉県には、統廃合の方針をやめ、

定時制や3部制の高校を

増やしてもらいたいと思っています。

                                

(その6に続く)

« 我が子が不登校になったら?私の場合はこうでした<その4> | トップページ | 我が子が不登校になったら?私の場合はこうでした<その6> »