2017年4月29日 (土)

政務活動費の報告書を提出して来ました!

平成28年度の政務活動費の報告書、提出期限ギリギリ間に合いまいした。
大変だったけど間に合ってホッとしました〜(*_*)


松戸市議会の政務活動費は

月々50,000円×12ヶ月=600,000円/年。

私は会派の活動に月々5,000円×12ヶ月=60,000円/年

移動していますので、私が使える政務活動費は、実質

540,000円/年

となります。

今回計上した政務活動費は

635,057円(95,057円の超過)

でした(今後チェックされて認められないものが出た場合には削除したりするので、まだ確定ではありません)。
「28.xlsx」をダウンロード


ところで、前にも書いたことがありますが、松戸市議会では、一般公開の前に、議員に対して公開し、市民から誤解を招きそうな政務活動費の報告が無いかどうかお互いにチェックをします。以前に悪さをした議員がいたので、議会内でこの方法を考えたそうです。他市で行われているかどうかは調べておらず分かりません。

例えば、以前は1万円の交通費までは領収書無しで落とせましたが、今は「領収書」「目的」「会った場所」まで明記させられるので、計上している議員は私と中田京議員しかいません(最も、私が計上したのは、市民センターとか公的機関に行ったものだけですからほんの一部です)。

事務的な書類が面倒で返上している議員が多いのは、良くないことだと思います。 実際、議員活動をしていると、5千円や1万円は交通費で使ってしまうと思うので、何かもう少し使いやすい、良い方法は無いものかと考えています。

不正を行った議員が明るみになる度に締め付けが厳しくなるので、保守系の議員たちは「政務活動費を撤廃して全部報酬にすべきだ」という主張をするようになるのです。報酬であれば、報告書は不要だからです。

しかし、それでは議員活動が全く見えなくなるので、それはそれで良くありません。

また、勉強会などに出た場合は、以前は資料の提出だけでOKでしたが、今では「写真」と「レポート」を提出します。行った証拠にSuicaの履歴なども求められます。これも、以前に架空の講演会に行ったことにした議員がいたからです。

しかし締め付けが厳しくなる一方で、「このままでは”議会に入りたい”という優秀な人材が来なくなってしまうのではないか?」という危機感を持っている議員もいるようです。

仮に若い人が議員になったとしても、生活保障は全く無いので、議員を辞めたら「唯の人」になってしまうわけです。ということは、結局怖くて議員を辞められないという現実もあるのではないでしょうか。

それにしても、議員に不正をさせないための、使いやすい方法…何か良い手は無いものでしょうか?一部の困った議員のために、真面目にやっている議員の方が面倒なことになるなんて、とても理不尽だと思います。


私は政務活動費では全く足りず、自分の報酬からもずいぶん捻出していますが、私にとっては議員活動であっても、政務活動費として認められていないものもあります。

例えば「郵送料」。
郵送料を充てる場合は、その中身を全て添付して報告しなければなりません。
私の場合、”増田かおると子どもの未来の会ニュース”や他のお知らせのチラシなども入れて郵送しますが、それは「政治活動」と見なされ政務活動費の使用が認められません。政務活動費は「調査」「議員活動の広報」などにしか使用できないからです。

郵送料は毎回10〜15万円ほどかかっているので、自分ももちろん出していますが足りず、皆さんからのカンパもありがたく使わせていただいています。

しかし…
議会の外から見ていた時と、議会に入ってからでは、感覚というか実態がまるで違っていて、そういう意味では貴重な経験をさせていただいています。

それにしても、議員の仕事は精神的にも肉体的にも大変だな〜と思います。40歳くらいの成熟した女性に出てほしいな!と思う一方で、誰彼構わず声をかけられないな〜とも思ったりしています。

2015年1月20日 (火)

「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議の中間取りまとめを踏まえた環境省における当面の施策の方向性(案)」に関する意見募集について

タイトルのようなパブリックコメントに意見を提出しました。

福島第一原発事故の放射線被ばくについて「福島県外でも健康診断を!」
と訴えてきた母親たちの声を受け環境省が行ってきた専門家会議。
しかし「これが専門家!?」と思わせる根拠のない議論に、傍聴者からは度々野次が飛びました。
その専門家会議は、先日一方的に中間とりまとめを発表し、パブリックコメント=意見募集を行っています。
環境省のサイト
オンライン提出フォーム
明日が〆切!!まだの人は一言お願いします!
「自治体の要望を聞いてください」
「長期にわたり、国の責任で健康診断をしてください」
など書いてみてください。
私は先ほど提出しました。
内容は以下の通りです。
1、少なくとも汚染状況重点調査地域における自治体が健康診断等を希望した場合は、長期に渡り支援すべきです。

2、甲状腺検査のほかに「『電離放射線障害防止規則』第八章 健康診断」にある健康診断を行うべきです。

福島第一原発の事故により、私たち国民は被ばくさせられました。
前提として、国民に被ばくさせた責任は、国と東電にあるのだから、加害者としての責任を果たすべきです。何ら実態を把握しようともせず、事態を受け止めようとしていないのは、文化国家として恥ずべきです。
少なくとも、2011年3月21日の雨の影響で、東京都葛飾区金町浄水場の水から200ベクレル以上の「放射性ヨウ素」を検出しました。私たちは望みもしない被ばくをさせられました。
私は、その向かい側の千葉県松戸市に住んでいます。松戸市は環境省から「汚染状況重点調査地域」に指定されました。汚染されていると認められた地域です。専門家会議において1人の委員が話された「一般的には距離が遠ければ汚染は薄まる」という理論は、何の根拠もなく、実態も把握しておらず、専門家とは言えません。
千葉県の9市が要望書を度々提出してきましたが、それも国は無視し続けています。国は、加害者としての責任を果たしてください。

国民の健康を守るのは国の社会的責任です。健康診断を行っていない今の段階で「遺伝性影響の識別がされるとは予想されない」とするのは、あまりにも性急すぎます。放射線被ばくをさせた国と東電は、少なくとも汚染状況重点調査地域において健康診断をしようとする自治体に対し支援をすべきです。

2014年12月23日 (火)

初めての議会で感じていること

12月議会という、短い期間ですが色々と考えさせ

られています。

私が委員を務める健康福祉常任委員会の時に、北

山会館の指定管理決定をめぐる議案がありました。

結果、賛成5:反対4で可決されたのですが(

は反対)、「賛成多数」と記録されるのです。

れには違和感があした。

9月議会では賛成◯◯:反対◯◯と記録していた

に…

22日は建設経済常任委員会を傍聴。1人の委員(

議員)が「市長の諮問機関」について多くの質問

をしました。でも、議長がそれをやんわりと止め

るのです。委員(議員)は、議案が納得ができる

ものかどうかを確かめようと質問しているのに、

何故でしょうか。

また、常任委員会で審議されている議案について

の詳しい資料、傍聴している市民には配布されな

いものがあるんです。だから、何について議論し

ているのか理解できない時がある。松戸市議会は、

開かれていないのだと実感しますね…

 

それにしても私にはまだ分からないこと、勉強し

なくちゃならないことだらけです。まずは知るこ

とから始めないと。

各常任委員会の傍聴も勉強になりました。

でも、一つ強く感じているのは、市民感覚を持ち

続ける議員でありたい、ということです。

そのためには、常に市民の側に立ちつづけること

ではないかと思うのです。

2014年12月16日 (火)

衆院選、思うところ

 

不意打ちの衆院選が終わりました。

想像してはいましたが、惨憺たる

結果でしたね。

http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/kaihyo/

 

有権者はこう判断したと捉えられ

ても仕方がありません。

1、憲法は変わっても良い。

2、特定秘密保護法案は必要だ。

3、集団的自衛権は支持しても

良い。

 

私は、子どもたちのために平和な

国「日本」であってほしい。

世界の平和を重んずる日本であっ

てほしい。

 

特定秘密保護法案が施行されたら、

私たちの議員活動に支障を来す可能

性があります。

行政が、私たちに情報を出さなくな

るかもしれないからです。

 

この先

どんな日本になっていくでしょうか。

 

最後に…

私は憲法9条が好きです。

「1、日本国民は、正義と秩序を基

調とする国際平和

を誠実に希求し、国権の発動たる戦

争と、武力による威嚇又は武力の行

使は、国際紛争を解決する手段とし

は、永久にこれを放棄する。


2、前項の目的を達するため、陸海

軍その他の戦力は、これを保持し

ない。国の交戦権は、これを認めな

い。

 

私たちの平和・生活を守るために、

権力の暴走をくい止めてきた憲法。

特に憲法前文は格調高い文章です♡


日本国民は、正当に選挙された国

会における代表者通じて行動し、

われらとわれらの子孫のために、諸

国民との協和による成果と、わが国

全土にわたって自由のもたらす恵沢

を確保し、政府の行為によって再び

戦争の惨禍が起ることのないやうに

することを決意し、ここに主権が国

民に存することを宣言し、この憲法

確定する。そもそも国政は、国民

の厳粛な信託によるものであって、

その権威は国民に由来し、その権力

国民の代表者がこれを行使し、そ

の福利は国民がこれを享受する。こ

れは人類普遍の原理であり、この憲

は、かかる原理に基づくものであ

る。われらは、これに反する一切の

憲法、法令及び詔勅を排除する。

 

日本国民は、恒久の平和を念願し、

人間相互の関係を支配する崇高な理

想を深く自覚するのであって、平和

を愛する諸国民の公正と信義に信頼

して、われらの安全と生存を保持し

ようと決意した。われらは、平和を

維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を

地上から永遠に除去しようと努めて

いる国際社会において、名誉ある地

位を占めたいと思ふ。われらは、全

世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏

から免れ、平和のうちに生存する権

利を有することを確認する。

われらは、いずれの国家も、自国の

ことのみに専念して他国を無視して

はならないのであって、政治道徳の

法則は、普遍的なものであり、この

法則に従ふことは、自国の主権を維

持し、他国と対等関係に立たうとす

各国の責務であると信ずる。

 

日本国民は、国家の名誉にかけ、全

力をあげてこの崇高な理想と目的を

達成することを誓ふ。

2014年12月13日 (土)

衆議院議員選挙について

投票するのは

あなたのため。

あなたのお子さんのため。

あなたのまだ見ぬ赤ちゃんのため…

 

 

もう期日前投票には行かれましたか?

世の中で最大の政党は「選挙に行かない党」だと、田中優さんがブログに書いていました。

 

それにしても…

全く無意味な衆議院解散選挙だと思いますね…

私たちの税金が700億円も使われてしまう〜〜〜!

ああ、勿体ない!!

 

でも事実上、内閣総理大臣が権限を持っているので、

「必要無いからやめろー!!!」

といくら私たちが騒いでもひっくり返すことはできませんもの。

 

だから

選挙に行くしかありません。

 

 

「原子力発電所の再稼働」!?

冗談じゃありません。

 

何が秘密か知らされない「特定秘密保護法案」!?

私は反対でしたが、すでに施行されてしまいました。

 

また、ケンカ(戦争)を売られてもいないのに人のケンカ(戦争)を助けに行く「集団的自衛権」!?

 

私は、万が一外国から攻撃された時に反撃する「個別的自衛権」があれば十分だと思います。

 



あなたは原発の再稼働、そしてこの2つの法案をどう思いますか?

 

 

選挙のたびに投票率が低すぎて、大きな政党に有利になってしまった。そして、野党の力が弱まっただけでなく、与党の中も幅が無くなって、政治は今、全くバランスが取れなくなっていると思います。

 

数の論理で何でも決まっていく政治は、単なる暴力でしかありません。

 

私たち母親は、子どもたちの未来が平和で明るいものになってほしいと願うものだと思うのです。このまま、今の政治が続いて、明るくて平和な未来が待っているとは、私には思えないのです。

 

私たち大人には、未来を創る責任があります。

そして私たちは選挙で一票を投じるほか、政治に参加する”すべ”がありません。

 

とにかく投票に行き、

一票を投じ、

未来を創りましょうよ!

 

2014年12月 9日 (火)

今朝、初めての議会で「一般質問」しました

Photo

選挙が終わってから、直ぐに12月議会が始まります。

質問項目を絞ったら、「通告書(質問事項を告知するもの)」を作成します。

通告書の提出が3日間くらいあって、早く質問したい議員は、提出日初日の朝8時半までに議会事務局というところに出向き、クジ引きをします(意外と原始的)。

私もクジ引きに参加しましたが、そこでなんと、「1番」を引いてしまったのです。これはクジ運が良いとは言いません…

 

間もなく担当課が、質問者である議員のところに来て、どんな内容を聞きたいのか、答えて欲しいのか、などいわゆる「ヒアリング」をしにやってきます。

 

そんなこんなで、ようやく今日を迎えることになりました。

Photo_2

私は以下の4つの質問をしました。

1、20113月の放射能被ばくをした子どもの

  健康問題について

2、子どもの居場所づくりについて

3、高齢者緊急通報装置とあんしん電話につい

4、通学路の安全対策について

 

何しろ、私は放射能被ばくの問題で立ち上がった母親ですから、ここは絶対に聞かなくては。

現在行われている「甲状腺超音波(エコー)検査」の現状と課題、見通しなどをおさらいしました。

 

行政としても一杯いっぱいの部分もあるので、あまり問いつめないように和らげたつもりです。

 

それから、「子どもを預ける」という視点からの質問、高齢者の安否確認のシステムについて、矢切地区の道路事情について、など4点です。

 

要所要所に、私の母親としての想い、市民としての想いをちりばめたつもりでしたが、届いたでしょうか…

 

とにかく今は初めての議会での、私の出番が終わってホッとしています。

 

 

で、あとで気付いたんですけど…

お昼ごはんの“ご飯つぶ”が、上着の右ポケットに付いてたんですよねえ…誰か気付いたかしら(汗)

2014年11月23日 (日)

新たなスタートに向けて

1週間が経とうとしていますが、松戸市議会議員選挙、怒濤の一週間が終わりました。

たくさんの、たくさんのみなさんのご支援のおかげで、無事に当選を果たすことができました。

 

本当にありがとうございました!

 

今までも書いてきましたが、私は3年半前の原発事故の影響で松戸市が汚染されたことをきっかけに立ち上がったお母さん達と共に、子どもの健康問題にずっと取り組んできました。

もし、母としての私の想いが届いた結果であれば、本当に嬉しいことです。子どもを心配する気持ちを声に出して言えないお母さんたちのためにも頑張らなければ!と気持ちを新たにしています。

 

そして母親の声を市政に活かしていかれるよう、精一杯頑張ってまいります。私の今後の議会活動にあたっては、皆さまからご意見・ご要望をいただくことが力になります。どうぞ皆さまよろしくお願いいたします。

 

初めての選挙で学んだことは、数え切れないほどたくさんあります。自分の無知・未熟さも、いやというほど思い知らされました。また、候補者の立場になって気付いたこともたくさんありました。

 

一番驚いたことは、自分の支持する候補者を議会に送り込むために、こんなにも多くの人たちが協力するのだ、ということです。初めて経験した私にとっては本当に感動的でした。

誰ひとり欠けても、この選挙は成り立たなかったと思います。

皆さんのご期待に答えられるように、努力していきます。

 

12月議会は128日(月)からの予定です。

議会の一般質問で行う質問書のことを「通告書」というのですが、私も通告書を提出します。

 

本議会の一般質問の時間が決まりましたらお知らせいたします。初めてでどうなることかは分かりませんが、ぜひ傍聴にいらしてください。

 

 

 

 

 

2014年10月18日 (土)

子育て世代の声は、松戸市議会に届いているか?

3年前の東日本大震災、続けて福島第一原発の大事故。

あの時、皆さんはどう過ごして来られましたか?

 

大変でしたよね〜…思い出したくもありません。

でも、逆に忘れたくても忘れることができません。

 

私は、放射能被ばくの影響を心配するお母さん達と共に

「こども東葛ネット」という団体を立ち上げました。

 

こども東葛ネット http://tohkatsunet.wordpress.com/

 放射能からこどもを守ろう関東ネット  http://kodomokanto.net/

 

 

 

当時、私は初めて松戸市議会を傍聴しました。

 

その時驚いたのは、

「子育て世代の母親議員がいない!?」

ということでした。

 

被ばくの問題を切り口に、教育、子育て、まちづくり…

色々なことに気付かされました。

 

40代、子育て世代。

この世代が頑張らなくちゃダメだと

当事者の声が市議会に届いていないと感じ、私は活動

を始めました。

 

まちづくりは私たち市民が主役になって、多世代が関

わり合う。

そこに、行政、銀行などが加わって、協力し合ってま

ちを創っていく。

 

そんなまちづくり、一緒にしませんか〜?

 

2014年10月 7日 (火)

子どもの力を信じる教育

 

先日、「子育てを語る会」に参加しました。

お子さんが不登校だったり、障がいをお持ちのお母さん

もいました。

 

みんな本当に心から我が子を思い、思うゆえに悩んでい

ると感じ、少し痛々しかったです。私なら、あのお母さ

ん達全員に満点あげちゃうんだけどなあ〜!

 

一方で、参加者の中の唯一のお父さんのお話がとてもス

テキでした〜。

毎晩自分の子どもに

「君は宇宙一世界一いい子だよ」

「お父さんは君が大好きだよ」

というメッセージを言い続けているんだそうです。

 

色々な事情を抱えてはいるが、みんな伸び伸びいきいき

生きている、と仰っていました。

 

しかし実際には、日本人は「自己肯定感」が低い民俗だ

そう…

何が諸外国と違うのでしょう?

 

内閣府 「子ども・若者白書」 

http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hakusho.html

今を生きる若者の意識〜国際比較からみえてくるもの〜

http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26gaiyou/pdf/tokushu_01.pdf

 

大人がいきいき生きていないのに、子どもたちがいきい

き生きられるはずもないのかもしれませんが…

 

 

ところで

「子どもたちが非常に管理されていると感じる」

「労働時間が過酷で、子どもたちに接したくても時間が

本当に取れない。」

と現役の学校の先生が訴えました。

 

この「管理」が、今本当に問題だと思っています。

そして先生の過酷な労働環境は、あちこちから聞こえて

きます。

 

自分の頭で考えられる子どもにしてこその教育。管理教

育から自己肯定感は決して育まれないのです。

この国の未来のためにも、子どもたちに自己肯定感を養

える学校教育を実現させたいものです。

 

先生の過酷な労働に関しては、特に小学校の先生に過酷

な労働が顕著に見られるようです。学校の先生にはゆと

りを持たせてあげたいですね。

 

そして一番大事なのは、子どもたちの潜在的な力を信じ

て、待ち続けられるかどうかです。見守る教育…おおら

かな視点。

 

続きはまた次回に!

 

 

2014年9月22日 (月)

「子育て」は票にならないから政策に挙らないのか、政策に挙らないから「子育て世代」は無関心なのか…

松戸市議会議員選挙まで2ヶ月を切りました。

 

今日も、公園で話をしている若いお母さん達に声をかけ

てみました。30代くらいのご夫婦が、子どもさんと遊

んでいたので声をかけたら、

「あ、興味無いんで」

と言われてしまいました。

 

この人たちは投票には行かないのかしら?

それとも売り込みと思って拒否反応を示したのかしら?

怒られそうだったので突っ込んで聞きませんでしたが、

気になりました〜

 

よく、「子育ての問題は票にならない」と言われます。

それは、子育て世代は政治に関心が薄いから。

 

でも、鶏が先か卵が先か、の話かもしれない?

 

票にならないから手厚くならない、

手厚くならないから関心が涌かない…

 

どうやったら、この子育て世代を奮起させられるか。

 

千葉都民だから投票率が低い?

 

いいえ、選挙はどこに住んでいても、良い仕事をしてく

れる議員を選ぶという行動は繋がっていくことなので、

ぜひ、各候補者の政策を見聞きして欲しいです!